ここから本文です

今回の北朝鮮の弾道ミサイルは高度2000kmまで上昇したようですがこの高度まで打...

tonarinogenjipaiさん

2017/5/1414:01:28

今回の北朝鮮の弾道ミサイルは高度2000kmまで上昇したようですがこの高度まで打ち上げるというのは高高度核爆発実施の予行演習とかではないでしょうか?

あと宇宙空間でのTHAADでの迎撃は不可能ですが成層圏突入までの上昇段階で弾道ミサイルを撃ち落とすことは可能なんでしょうか?

閲覧数:
2,684
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/5/1612:44:12

▼ SM-3ブロックⅠ・Ⅱ(高度5.500km)で迎撃可能だが、わざわざ最高高度まで上昇した位置で迎撃する必要など無いし、放物線を描き降下した時点で迎撃すればいいだけの事で、THAADでもPAC-3でも迎撃可能。

◆【イージス艦SM-3↓弾道ミサイル防衛】◆:【動画】
http://www.youtube.com/watch?v=p-vpRzu-ZzY
◆THAAD(サード)システム↓終末高高度防衛⋅ミサイル(BMD) :【動画】。
https://www.youtube.com/watch?v=7v6fSHX-cI0
◆【パトリオット⋅ミサイルPAC-3↓迎撃実験】◆:【動画】
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=BuW-O6vsY0k

▼...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「高度2000kmとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

emiriinerさん

2017/5/2011:30:32

ロフテッド軌道弾道ミサイルで何発も打たれたら、
全て撃ち落とす技術はありません。

2017/5/1620:00:44

現在の迎撃ミサイルは通常の弾道軌道を想定しているので、ロフテッド軌道には対応していないはずです。迎撃チャンスがあるとすればロフテッド軌道の最高点で速度ゼロになるので北朝鮮上空に迎撃ミサイルを搭載した静止衛星を打ち上げておき、Uターン地点を予測し発射します。しかし、予測は100%正解とはいかないので撃ち漏らしは地上に展開したTHAADやPAC3の出番です。下から撃つ分には相手はこちらに向かってくるので、此方は焦らず正しい位置取りに集中できます。

2017/5/1612:37:32

不可能です。
朝鮮にとって米国が容認したと判断しているので、核開発は加速します。
これで南朝鮮も馬鹿なので核開発保有を加速させます。日本は、極左と自民の売国奴がはびこり、徹底的に核武装を拒否しますので、日本は、唯一の被爆国でありながら近隣職区の核武装に対し、何も言えない出来ない珍しい国になるだけです。

本来であれば、護憲を唱える政党や政治家は、北が核保有する事を非難するのが護憲の意義でしょう。それをしない・・・おめでたい国です。

naka7777muraさん

2017/5/1612:26:12

発射した時点で追いつくはずがありません。だから折り返しの軌道を読み迎撃するのです、しかし、スピードが早すぎて対応は不可能でしょう。
憲法9条があるかぎり 日本は撃ち込まれて終わりでしょう

th5ex3syさん

2017/5/1511:16:21

北からのミサイルが日本に向けて発射されたら、残念ですが、現状では日本は防御できません。アメリカの保有する「全兵器」を同時に駆使すれば、もしかしたら、かなりの確率で可能かもしれませんが。アメリカの「核」の本格的運用を背景にしないと不可能でしょう。アメリカの核は「北米防空司令部」の管轄です。かつて「日高レポート」で報告されていたように、この指令官は日高さんの質問、「日本が核攻撃を受けたらアメリカは核も含めて日本を護ってくれるのか」というのに対して、こう答えています。「この建物の入り口の看板をご覧になりましたか?」。「そうです、ここは北米の防空を担っています。日本ではありません。」これがすべてです。アメリカの直接的な利益や脅威に対しては、「アメリカを護るために、関連して日本も護ることがある」という意味なのです。日本人の多くは、誤解や楽観が強いです。プラグマティズムの国ですから、アメリカの利益を優先しています。何もアメリカ第一は、トランプの「独占品」ではありません。「アメリカの国益のためなら、いかなることも辞さない」のがアメリカ。「話し合いで解決する」という「不毛の論理を弄んでいる連中」がたくさんいます。「話せばわかる」というのは「話せばわかる相手」に対してのみ有効です。話して分かるようなら、国際紛争などほとんど起こりません。特に独裁国家に何を話すのですか。サソリが接近したら「サソリ君、話せばわかるよねえ。まず握手しよう」などと手を差し出せばどうなるか想像できますね。チクリ。さようなら。こんなはずじゃあなかった。
独立国家へ製造が禁止されている毒ガス(兵器)を持ち込み、肉親も迷わずに虐殺して、それでも「相手に非がある」とうそぶく国あり。いやはや、狂気以外の何物でもない。そんな国を相手に「話せばわかる」などと発声しておられる、「エライ先生様」よ。早くあなた様が「黒電話さん」と直接に話していただいて、「証明して」ください。「できもしないことを言うもんじゃあありませんよ。」しかも、偉そうに、正義面して。「し○か○お」さんとその「臣下」。
通常兵器や戦闘員の現状や補給を考慮すれば、「かの国」に近代戦の長期遂行能力はありません。ABC兵器が脅威だといわれますが、実際の戦闘では、BCはコントロールや「効果」に問題があり、これらの兵器は「一定数の局地的に限定した短時間の戦果」はある程度期待できるが、これらの兵器の「使用後」の国際世論を睨むと「得策ではない」。これらの兵器は、「脅し」の効果で使用されることが、実は最も効果が大きい。厄介なのは、Aすなわち核兵器である。「抑止力」などと期待しても、「破れかぶれの狂気」から「発射」して「「死ぬのに道連れ」ということが厄介である。事実、黒電話の父が若きとき、そのまた父から尋ねられて答えた話はすでに世界に伝わっている。父「朝鮮が攻撃されて滅びそうなときはどうする?」。子「その時は、地球から朝鮮だけではなくすべての国が滅びます」。この「血」が生きているのですから、核兵器の「破れかぶれ発射」が懸念されます。
さて、北のミサイルの「懲りない発射」ですが、北は論外として、それ以外の「国」が」「裏方」で「糸を引いている」としか思えません。本当に経済制裁がなされているなら、ミサイルをこれほど打てないでしょう。莫大な資金は、国民の「飢え」の産物だけでは「賄いきれません」。「スポンサーがついている」からにほかなりません。「臭い匂いは、元から絶たない限り匂い続ける」のです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
残念ながら、米ロ中は「すべて、裏で了解済の上の猿芝居」をしているだけです。シリアへの巡航ミサイル59発の発射も、着弾は「わずか23発程度(ロシア報道)」。偽の「やらせ」であることは明白。巡航ミサイルが本当なら、着弾誤差は数十メートル程度以内のはずです。しかも、シリア軍はロシアを通じて事前に熟知しており戦闘機はほとんど別の場所に移してあったようです。まさに「猿芝居の楽屋を見た」感じです。我々は、侵略エゴ大国の「猿芝居」に踊らされてはなりません。大国3国で「日本をカモとして金を吐き出させている」だけです。北朝鮮も当然に中国と「一体」ですから、「猿芝居の共演者」です。さて、トランプが恐れるのは「ロ中」であり、プーチンは「米中」を怖がり、キンペーは「米ロ」に恐怖している以上はお互いに「ホットライン」で結んで、「お互いの利益を確保」しつつ、3国で世界を「牛耳っている」だけです。哀れ、3国の実質上の「植民地」と化した日本は、税金は上がるし、物価は天井知らず、年金は先細り、国は借金と「敵国への援助金」でパンク状態。日本国憲法の「前文」の冒頭は「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し・・・」となっており「主権者たる国民は、行動は国会議員を通じて」と規定しているのですがその国会議員が年間1億(実質)も国民の血税から金を巻き上げておりながら、国を売る行為をしている。
「二重国籍疑惑者」やら「ガソリン疑惑のガソリーヌ女議員」や国会の審議中に「議場内ダイビング」や「乱闘」までする「凶器の猿議員」の存在は、とても我が国の国益や生命財産を守る意思は皆無です。北のミサイル以前に、この国はすでに残念ながら「瀕死」状態です。憲法にいわく「平和を愛する諸国民の、公正と信義に信頼してわれらの生存と安全を保持しようと決意した・・・」と。これを受けて第9条の規定があるのです。砕いていえば、「日本の周囲の国は、どの国もみんな、正義と秩序の信頼できる国だから、日本はこれらの国に絶対の信頼をして、武力を一切持たずに丸腰で暮らすんです」ということです。さてさて、日本の周囲の国はいかがですか。ロシア→北方領土不法占領、シベリア虐殺、不可侵条約一方的破棄と侵略。北朝鮮→核を含み日本へ常時ミサイルの照準を合わせている。拉致問題は見捨てたのか。韓国→李承晩ラインのでたらめに始まり、島根県民を虐殺して竹島を不法に侵略占拠している。日韓基本条約まで覆し、信頼性なし。仏像の泥棒まで裁判所が擁護するような国を誰が信頼できるのか。中国→南沙の侵略。東シナ海の侵略。尖閣など120%日本のものだが、海底資源が発見されて以来「自国領」とこじつけて、日本領海への侵略を繰り返している。ミサイルも、日本を狙っているとの情報は多々ある。アメリカはすでに、日本を基地や防衛の名を借りて、「実質的に占領」している。・・・・・・・・どうでしょうか。残念ながら憲法の前提は一つも現実に合っていません。国連も核を持つ5か国の常任理事国に勝手に牛耳られ、日本といえば、国連への分担金のみがアメリカに次いで2位。ロシア、中国、イギリス、フランスの常任理事国4国の合計負担額よりも多い金を国連から「搾り取られて」いるのが日本です。もちろんその金は、国民の「血税」からです。これほどまでに日本が貢献して「信頼申し上げる国連」には今でも「敵国条項」が存在し、ある大国では公然とこの制度を「適用し」て、「国連の総会や安全保障理事会の決議を経ずに、敵国への攻撃が可能」だとまで言っているのです。日本に近い距離にあるあの「大国」ですよ。日本は国連憲章上では、「敵国」です。UNを国際連合などと訳すのは、間違いのもと。UNは「連合国」なのです。本部も連合国の中心たるアメリカのニューヨークにあるのは当然でしょう。国連など、残念ですが、日本を助けてはくれません。太ったブタから肉を搾取するくらいにしか、日本を考えていないのではないでしょうか。今や、日本は「滅びるか再生できるかの瀬戸際」に立っています。北のミサイルの陰で、もっと「陰湿な世界侵略」が行われており、日本の国会議員にも「敵への内通者」が相当数は入っていると思わなくてはなりません。日本国民は、すでにかなりの部分で、「精神的にハッカーの餌食になっている」ような気がします。ああ、まさに国 滅びんとす・・・・・・美しき山河よ
祖先よ 許してたもれ これが あなた方が 命がけで守った日本の子孫たちであり 未来であります・・・・・・・・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。