ここから本文です

行政書士の先生に成年後見人をお願いしようと思っているのですが、最大の懸念は、...

smaeda1eyeさん

2017/5/1703:39:03

行政書士の先生に成年後見人をお願いしようと思っているのですが、最大の懸念は、法律をよくわかっているので、法的に問題なく、私的にこちらの財産を流用されるのではないかということです。

こうゆうことは、起こりうることなのでしょうか?
さらに、もし、起こる可能性があるのならば、こちら側が、予め何かしておくことはあるのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
621
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

西川智子さんの画像

専門家

yc_qejbpさん

リクエストマッチ

2017/5/1816:30:07

後見人は家庭裁判所に1年に1回、被後見人の財産状況について報告する義務がありますので、不正はできないということになっていますが、残念ながらそれでも後見人の不正事件はあるようです。

・生活費はなるべく銀行引き落としにして現金の引き出しを減らす
・1年に1回の報告には預金残高証明を付けてもらう
・後見制度支援信託を利用して月々必要なお金だけを後見人が管理する(多額の財産を後見人に預けない)

後見制度支援信託の概要 ↓ ↓ ↓
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/space/search.php?menu_0=&p=%E5%BE%8C...

大阪市北区で遺言、成年後見を専門にしている行政書士の西川智子です。
ご参考にしてくださいね。

質問した人からのコメント

2017/5/19 03:33:14

回答をありがとうございました。参考にさせて頂きます。

回答した専門家

西川智子さんの画像

西川智子

行政書士

遺言、成年後見など「老い支度」のプロ

大阪市北区で行政書士をしています。 老い支度(成年後見・任意後見・遺言)を専門にしています。 エンディングノートの書き方セミナー、遺言を書いてみようセミナーなどを年に数回開催していますのでご参加頂けると嬉しいです。 セミナー情報はwebサイトにも随時...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ns27_7さん

2017/5/1820:19:00

私は行政書士として6年前から成年後見に取り組んでいます。

後見等審判開始の申立書は、弁護士か司法書士でなければ報酬を得て作成することはできません。

確かに、本人(被後見人等)の財産を流用するというような残念な事件はあります。

私は費用を回収するときや報酬を受け取る以外で同時に自分の財産を扱わないようにしています。

私は成年後見業務をするにあたり、他人の財産を管理している自覚と、本人の今後の人生を背負う覚悟が必要と思っています。

なお、後見人等は家庭裁判所への事務報告が義務付けられています。

私はそれだけではなく、業務に関わる領収書は保管していますし、本人からの要望で本人に対して毎月事務報告しています。

報酬に関しても、市町村長申立で生活保護を受けている場合は成年後見利用支援事業からの助成を受けられますので、本人には負担がないこともあります。

2017/5/1718:54:59

行政書士はただの代書屋。法律のことなどわからない。行政書士に金払って成年後見人を依頼するとか理解できない。

2017/5/1718:43:05

成年後見の場合については
弁護士か司法書士でしょう
ちなみに財産流用の横領行為は
弁護士でもそこそこニュースになってるだけでも
件数はありますよ
そこはちゃんと家族の者が判断していくしかないと思います。

2017/5/1712:06:47

後見監督人もつけてもらう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。