迎撃ミサイル。 北朝鮮のミサイルを迎撃できるだけのミサイルがに日本には備わっているのですか?

迎撃ミサイル。 北朝鮮のミサイルを迎撃できるだけのミサイルがに日本には備わっているのですか?

国際情勢215閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

迎撃できるミサイルは保有しているが、総本数では足りない。そのために実際には米軍に北朝鮮上空を戦闘爆撃機で哨戒してもらう必要がある。 移動式のミサイル発射台は神出鬼没で、事前に察知して攻撃しておくことは難しい。しかしその上空を常時航空機で哨戒することにより、ミサイル発射台は好きなときに地下陣地から出てミサイルを撃つことは難しくはなる。それは一度に発射できる弾道ミサイルの数を減らすことにつながるので、これとミサイル防衛を組み合わせて完全撃墜をより確実にしていくことになる。これは湾岸戦争時にイラクがイスラエルに弾道ミサイルを撃ち込んだ際、アメリカがPAC2迎撃ミサイルと航空哨戒の組み合わによって、イラク側の弾道ミサイル発射率低下に大きな成果を出しています。 現状日本だけで完全撃墜は難しいので、今後ともアメリカとの関係を良好にしておく努力は必要です。アメリカ海軍のイージス艦を寄越してもらえば、迎撃ミサイル総本数を増えますしね。

1人がナイス!しています

ミサイル保有禁止ということではないのですね。 総本数で足りない。 日本だけで迎撃、主要基地をたたけるミサイルの保有はしておくべきでは。自衛隊員の命を粗末にする必要はないでしょう。たぶん戦争になれば、自衛隊員をやめる方も出ると思うし。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

自衛隊員に回すより、迎撃ミサイルを配備してほしい。国民を守るには、基地をたたけるミサイルも必要と思う。

お礼日時:2017/5/27 19:58

その他の回答(2件)

1

全てを撃ち落とすことは出来ません。 北朝鮮を攻撃する能力はありません。憲法により制限されていますからね。

1人がナイス!しています

自衛の設備をもっていないのですか? 日本の軍事力は世界でも高いとニュースにありましたが。攻撃を受ければ、主要な基地をたたくようになるのでは。そうしないと防衛はできない。 自衛隊員を雇う金で、ミサイル防衛したほうが良いのは。自衛隊の働ける期間より、ミサイルの耐用年数が長いのでは。

0

必ず迎撃できる能力はありません 迎撃できるかもの能力しかありません