ここから本文です

魚群探知機は、船底かわ海中に超音波を発射して、その反射波が戻ってくるまでの時...

chr********さん

2017/5/2200:37:01

魚群探知機は、船底かわ海中に超音波を発射して、その反射波が戻ってくるまでの時間を測定して海底の深さや魚の群れまでの距離を測定する。
(1)この超音波を深さ375メートルの海底に向けて発し

たところ、海底からの反射波が0.50s後に観測された。海中での音速はいくらか。

(2) (1)のとき、船底と海底との間の魚群からの弱い反射波が0.12s後に観測された。魚群までの距離はいくらか。

これの2の方が分かりません……
出来るだけ詳しく教えてもらえるとありがたいです!!m(__)m

補足ごめんなさい!!
なるべく早めに教えてくださるとものすごく助かりますm(__)m

閲覧数:
54
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2017/5/2900:44:24

(1)
超音波は、往復375m × 2 = 750m
の距離を、0.50秒で戻ってきたので、
超音波が1秒あたり進む距離(海水中の音速)は
750m × (1秒÷0.50秒) = 1500m/s … かんたんにできます(^_^)☆彡


(2)
この超音波が、0.12秒間に進む距離は、
1500m/s × 0.12s = 180m

この180mは往復の距離なので、片道の距離は
180m÷2 = 90m
魚群までの距離は90m… かんたんにできます(^_^)☆☆彡彡

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる