サッカー界の審判のレベル、低すぎませんか?

サッカー界の審判のレベル、低すぎませんか? バルサ-エイバル、乾選手が日本人初の対バルサゴールを挙げていて、めっちゃ興奮してたんですけど、不運なオウンゴールから始まり、アルバのシミュレーションからのPK(実際メッシのキックをキーパーが止めたので失点には至らなかったが)、そしてバルサの3点目となるネイマールのダイブからPK。 そして、10人となったエイバルが最後崩されて心を折る4点目をバルサに決められる…と。 内容的にはエイバルが勝ちに値したか、と言えば答えは違いますが、逆に2点差で負けるような試合であったかと言っても、それは違うと思います。 ライバルチームのマドリーも、CWCではラモスの危険なファールを、「レアル・マドリード」という名の前に審判が負けたのか、"カードに1度手を伸ばしたが"結局イエローは出ず、結局鹿島は敗れました。 CLマドリー-バイエルンでは、バイエルン側に与えられた謎のPK、そしてカゼミーロはOKだが、ビダルはダメ、という評価基準の曖昧な判定、ロナウドの完全なオフサイドゴールが認められるという16-17シーズンのCLで最も醜い試合を審判が作り出しました。 どこのリーグでも強豪、またはホームチームに有利な判定をしてしまう、これは人間が審判である以上仕方がないとは思います、ただそれに対応する為のルールが作られていないのは問題ではないでしょうか。 プレミアリーグはダイブを規制するルールを盛り込むようですが、リーガは一体どうなっているんですかね。 僕は、こういう審判によってゲームがぶち壊されるのを見るのが不快で仕方ありません。 「試合の流れが止まってしまう」という意見もあると思いますが、レッドカードの提示やPKの判定、オフサイド疑惑のあるゴールについて様々なアングルから捉えたカメラでチェックすべきだと思うし、例え認められなくても試合後に処罰できるような明確な記述を規定に盛り込むべきだと考えていますが、貴方はどう思いますか? 別にここで話してどうこうなる問題ではありませんが、同じサッカーファンとしての意見を聞きたくて質問します。 長文失礼しました。

海外サッカー | サッカー634閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その場面だけ見ると反則ですが反則を誘うオンザボールプレーが 海外ではサッカーセンスであったりしますね 同じように審判の目をを欺くやり方に長けてる選手も有ります それを解説が褒めていたことを思い出します サッカーは実に人間臭いスポーツだなと感じました 私達が思うスポーツマン精神とはかけ離れています なので余計にフェアなプレーが値打ちが出ます サッカーは誤審も含めて観るものかもしれません ネイマールは選手間ではサッカー界の曲者で通ってるでしょう 新しいルールが作られてもまた抜け穴が出るでしょう 昨年CWCでビデオ判定が導入され準決勝鹿嶋がビデオ判定でPKを獲得し 劣勢に立っていた鹿嶋が勝ちました 何時あるPA内での小競り合いでダイブとも取れるプレーでした つまりビデオ判定しても不平等感は拭えないです そこもサッカーなのかもしれません

その他の回答(5件)

0

僕もビデオ判定には賛成ですが、それでそこそこの時間試合が止まることはないようにして欲しいです。 そして1つだけ言わしてください。今シーズン、最も酷かった試合はバルサvsパリ(セカンドレグ)だと思います。マドリーvsバイヤンはお互い様でしたけど、バルサの場合は一方的。

0

リーガ・エスパニョーラでは、来シーズンからビデオ判定システムが試験的に導入されます。 まずはスーパーカップや国王杯のベスト16から使用し、問題なしと判断されればリーグ戦でも導入される予定です。 ヨーロッパの主要リーグは数年以内に本格導入していくでしょう。 誤審に泣かされるくらいなら、多少試合の流れが止まってしまうのも受け入れるべきだと思いますね。 勝った方だってスッキリしないだろうし。 もちろん、世の中には完璧なシステムなど存在しないので、誤審がゼロになることはありませんが。

0

割りきるしかないですね。 私は去年のUAEと日本代表の試合を現地で観戦し、審判の判定に納得ができませんでした。 でも観客は我慢するしかありません。 文句言った所で聞いてくれないだけでなく、激しく文句を言い過ぎれば勝ち点マイナスや無観客試合などのペナルティーがつくからです。 審判の抗議は負けたチーム側に任せるしかありませんでした。 幸いJFAは抗議してくれたことがよかったです。 でも、ファンはチーム関係者に任せることはできますから、そうしてます。 あと、世の中は権力のある人に楯突くのは簡単なことではありません。 たとえ審判が信念を貫いたとしてもビッグクラブ関係者に嫌われたら、いじめられるからです。 現にサッカー界だけでなく、世間全般がたとえ自分が正しく権力のある人が間違っても、権力はある人は立場の弱い人間に間違いを指摘されるとやっぱり、腹が立って虐める人が多いです。 セルヒオ・ラモスにイエロー出さなかった時、もしも自分が審判なら、権力者からの執拗ないじめに合うと思うと躊躇する気持ちもわかります。 権力者のいじめは簡単に耐えれるほど甘いものではないですから。 サッカーだけでなく、人間というか生き物の世界の問題ですね。 生き物は人間よりも弱肉強食ですから。

0

私自身、このバルセロナ対エイバルの試合、主審がバルセロナに対して誤審をするのではないかと予想していました。 この試合の主審を務めた、エルナンデス・エルナンデスさんは、リーガエスパニョーラ第19節、バルセロナ対ベティスの試合の主審を務めています。この試合、バルセロナのゴールが1つ認められないという大誤審が起こりました。これから考えると、バルセロナはこのベティス戦に勝っていればリーグ優勝していたと思います。(私自身バルセロナファンなので)だとすると、主審の誤審は腹が立って仕方ありません。 あなたの意見にも納得できます。 ですが、この改善についてはリーガやUEFA、FIFAなどが決めることですので、どうしようもないです。 一番は、誤審が起こらなければいい話ですけどね。