親子関係不存在調停と嫡出否認について教えてください。

親子関係不存在調停と嫡出否認について教えてください。 離婚後、親子関係不存在調停を行うのですが 嫡出否認と親子関係不存在調停の違いを 教えて頂きたいです。 親子関係不存在調停の中で、嫡出否認を行うと 言う事でしょうか? 結婚してからちょうど一年、 子供が生まれて10ヵ月になるのですが 200日〜300日等調べると書いてあり、 自分がおこすべきものは本当に親子関係不存在調停で あってるのかわからなくなりました。 養育費を決める話があり、当時浮気をされていて 卑猥なビデオにも出ていた等あり 自分の子供ではない可能性を考えDNA鑑定を お願いしたのですが拒否されてしまい、 私の籍からも抜いてほしいのでたてたのですが 親子関係不存在調停であっているのでしょうか?

法律相談341閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

親子関係不存在確認の訴え(調停)と嫡出否認の訴えは別物。 嫡出否認は嫡出推定される子について、嫡出性を覆すもの。それ以外の場合の親子関係を否定するためのものが、親子関係不存在確認の訴え(調停) で、嫡出推定というのは、 民法 第七百七十二条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。 2 婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。 これ。要は婚姻中の女性が妊娠をしたとき、そのお腹の子の父親はその夫であると法的な推定がはたらくということ。 で、婚姻の成立時期と懐胎した時点の前後がはっきりしない場合もあるので、同条第2項で婚姻成立から200日を経過してから出生した子についても、嫡出推定がはたらくとしている。 で、質問の場合では、婚姻したのが1年前、子が出生したのが10ヶ月前だから、婚姻成立から2ヶ月後ー婚姻成立から200日を経過する前に子が出生しているということだよね。 となると、法律上の推定がはたらいていないため、嫡出否認の訴えによる必要はないし、また嫡出否認の訴えを起こすこともできない。となると、親子関係不存在確認請求の訴えってことになる。 で、こういった親子関係不存在確認や嫡出否認というのは、家事事件といって、その訴えを人事訴訟という。で、人事訴訟は調停前置主義といって、必ず調停を先に行うことになる。いきなり訴訟を起こせないというわけではなく、訴訟を起こしても、裁判所は一旦、事件を調停に付することとしている。 まあ、適法な内容で調停が成立すると、次は家庭裁判所の審判を行い、それによって決定がなされる。調停が不調となると、本格的な訴訟ということになって裁判ということになるね。