ここから本文です

今、学校で脳性麻痺の調べ学習をしているのですが

yudurukaさん

2017/6/315:03:17

今、学校で脳性麻痺の調べ学習をしているのですが

痙直型と強剛型の違いがよく分かりません。
痙直型は大脳の運動の錐体路障害と分かったのですが
強剛型はどこが障害されているのか調べません。

閲覧数:
567
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

山田 光敏の画像

専門家

2017/6/607:07:43

初めまして。

ダウン症児などの療育を手がけております山田と申します。


なかなか突っ込んでお調べになっているのですね。
障碍部位に関して簡潔に。

最近の傾向として、痙直型と診断された方々のMRIを見ると
PVLを原因とした方が多いですね。
それにより「上位運動ニューロン」が冒されて「伸張反射亢進」が起こります。
それなので「錐体路系」が障害される事で「ジャックナイフ現象」が見られますね。

対して強剛型の場合は「皮質」全体が冒されている方が多い。
それにより「錐体外路系」が冒されますので「鉛管現象」となります。

次いでなので
国試向けにキーワードには「」をつけておきましたのでご参考まで。


良い医療者になってくださいね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

山田 光敏の画像

山田 光敏

鍼灸マッサージ師

赤ちゃんから高齢の方まで、より専門的な施術を目指しています。

銀座にございます子宝治療院の院長をしております。 施術だけではなく、招聘教授として解剖学などを担当しております。 臨床としては生後1か月の赤ちゃんから104歳の高齢者まで診てきました。赤ちゃんはダウン症や脳性麻痺と言った障碍を持った赤ちゃんの発育援助...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

setten226さん

2017/6/410:05:37

あまり良い回答ではないのですが、参考まで。

「痙直型と強剛型の違いがよく分かりません」
↑良い質問ですね。

「痙直型と強剛型」ですが、これは少し古典的な考え方になっているかもしれません。
どりらも脳の機能の障害ですが、それは従来の「型」という枠組みでは理解が難しくなってきました。

例えば脳性麻痺でありがちな癲癇発作ですが、
脳のどこに問題があるかで症状が違います
1)海馬あたりの短期的記憶にの部分に問題があれば、ご本人には発作の記憶がありません。短時間か長時間ぶっ倒れていたとしても。

2)発達障害
たぶんご存知のように、発達障害の分類では「知能が普通」「知的障害では無い」
......ということですが、何故だか社会性の獲得に苦労します。

ここ、10年か20年の間で脳科学が飛躍的に進歩しました。
医療分野においても。

質問者様が、発達心理学、教育心理学、高齢者心理学などを学んでいるとすれば、脳科学の分野は頑張ってください!
陰ながら応援致します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。