ここから本文です

工場労働者です。仕事で重量物を運んだ際に腰を痛めてしまい、初めて腰痛を経験し...

アバター

ID非公開さん

2017/6/507:13:04

工場労働者です。仕事で重量物を運んだ際に腰を痛めてしまい、初めて腰痛を経験しています。
私の会社は労働組合にも加入している所なのですが、労災を申請すると査定に影響が出るからやめろと言われています。

しかし、私自身体力的にも仕事内容的にも今年度で終わりにしようと思っているので査定など気にしていません。そもそも労災を申請しないように言われるのってどうなのでしょう…?
ご回答お待ちしております。

閲覧数:
71
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2017/6/509:55:28

本来違法ですね。

事故を申請すると、警察が来ます。怒られます。指導されます。ネチネチとチェックされます。後日も安全講習に何度も出席させられます。救急車を呼ぶと確実にそうなります。

面倒なので、軽い怪我なら申請させたくないっていうのは時々あります。
本人の不注意の怪我とか。大した怪我ではない時は。申請だけで終わらないので面倒なのでしょう。

でも貴方には関係ないことなので、申請してください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hir********さん

2017/6/509:03:05

労災を申請しないようにと指示、命令があるのはれっきとした違法です。被保険者はあなたなので、保険を使う権利があるからです。

しかし。
腰痛ので労災はほとんど認定されません。腰痛は仕事以外にも多々の原因があり、加齢、運動不足、肥満、日常のスポーツ、家事、介護...どれが腰痛の原因かを誰も特定できません。
日常に原因があって蓄積されたのが、たまたま業務中に限界が来ただけかもしれないという可能性があるわけです。

よって労災での腰痛とは「それらを考慮してもなお、業務の原因が一番に推認される」というくらいの激ハードな内容でないと認定されません。

極端な話、運商業者は毎日20kg、30kg、40kgの荷物を何百個も積み卸し、配達します。それでも腰痛での労災認定は難しいのです。
業務上「腰への負担は当たり前」ですから。

労災で認定されるには、例えば

「一般事務しかしない人が、現場の人手不足で急遽現場に入る事を指示され、普段の業務からはあり得ない重量物の上げ下げを一日中させられた」
「通常2名で運ぶのが適当なものを一人で無理矢理運ばされた」
「腰への負担が激しい変な姿勢での作業を長時間強いられた」

などの、「かなり無理があるレベル」でないと無理です。
またそれらを証明するには会社の協力が不可欠になります。

腰痛での労災認定率は5%程度とも言われています。

よって、
「労災申請の権利はあなたにあるが、認定率がきわめて低い上に会社の協力が必要な状況と相互的に判断し、それでもなお、腰への負担が異常な業務を強いられた事を証明出来るので、労災申請をしてみたい」
というのであれば、出来ないことはありませんよ、という回答になります。

ken********さん

2017/6/507:23:21

たぶん労災申請をすると会社に何か負担が増すような事があるのでしょうね。だから出来るだけ貴方の申請を止めようとしているのだと思います。負担が金銭的な物か報告書などなのかは分からないです。怪我をしたのは事実ですから、申請したら良いです。そのための労災です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる