ここから本文です

ラジカル重合では連鎖移動反応が起きますが、モノマーとしてスチレンを使用した場...

アバター

ID非公開さん

2017/6/1400:00:06

ラジカル重合では連鎖移動反応が起きますが、モノマーとしてスチレンを使用した場合と、酢酸ビニルを使用した場合では、どちらが連鎖移動反応が起きやすいですか?

理由とともに教えて下さい。よろしくお願いします。

閲覧数:
625
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2017/6/2023:53:54

鶴田禎二、新訂高分子合成反応(日刊工業新聞社、第15版、1977)には、スチレンと酢酸ビニルの反応性の違いについて次のような記載があるそうです。

スチレンモノマーは、どのようなラジカルからも攻撃されやすい。これは生じたスチレンラジカルの共鳴安定性が大きいためである。

酢酸ビニルモノマーは、生成したラジカルが不安定なのでラジカル攻撃を受けにくい。酢酸ビニルモノマーはスチレンモノマーの1/50 ~ 1/100 程度の反応性しかない。

ところが、単独重合では酢酸ビニルモノマーのほうが反応速度定数2040、スチレンモノマーは178と、酢酸ビニルモノマーは10倍以上重合が早い。

このように非共役性モノマーである酢酸ビニルモノマーは、ラジカルの反応性は低いが、モノマーの反応性は高い。

逆に共役性モノマーであるスチレンモノマーは、ラジカルの反応性は高いが、モノマーの反応性は低い。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる