ここから本文です

建物合併登記は 所有権登記名義人が異なる建物同士では基本 合併できなくても 主...

k2a********さん

2017/6/816:43:39

建物合併登記は
所有権登記名義人が異なる建物同士では基本 合併できなくても
主従の関係にある建物ならば
所有権登記名義人が異なっていても
合併登記ができますか?

所有権登記がない建物と所有権登記がある建物ならば

所有権がない建物を表題登記したのち、表題登記した建物が事実上の付属建物にあてはまるならば、
表題登記した建物の附属合併登記のみをすればよいのですか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
154
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2017/6/816:47:19

所有者が同じ、所有権以外の登記も同じでないとできません。
合併制限になります。

未登記建物が 主従の関係にある場合
所有権証明書を添付して、附属建物として登記できます。
附属建物の所有者が既登記建物の所有者である必要があります。
附属建物新築登記(表題部変更登記です)

  • 質問者

    k2a********さん

    2017/6/818:45:00

    所有権保存が未登記の建物同士の合併登記ならば

    所有権が未登記の建物両方の表題部所有者が同一でないといけません?

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる