ここから本文です

明順応において悍体細胞のロドプシンが関与

mni********さん

2017/6/1418:37:35

明順応において悍体細胞のロドプシンが関与

ロドプシンに光が当たるとレチナールの構造が変化しこのときに生じる興奮が視神経を通じて大脳に伝えられる
レチナールとオプシンはその後ロドプシンに再合成される
とあったんですけどロドプシンって色を認識しないのにどうして眩しくなるんですか?
眩しくなるのは光の刺激と言うことですか?

閲覧数:
188
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

noi********さん

2017/6/1602:12:10

明順応についての質問なのか、色の感知についての質問なのか、質問の意味がわからないんだが。

明順応は、光感受後の視細胞を元の状態に戻す速度を制御することにより行われると考えられている。光彩のはたらきは言うまでもない。

強い光刺激があれば、明順応が働くまでの間は眩しいと感じる。

色については、錐体細胞のオプシンは、杆体細胞のロドプシンに含まれるオプシンとは異なっていて、ヒトでは、3つの色を感じるオプシンがあり、各色に対応した3種類の錐体細胞があるので、色を感じることができる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる