ここから本文です

肝臓がんで肝動脈塞栓療法(TAE)や肝動脈化学塞栓療法で血糖測定を行う理由はなぜで...

tmm********さん

2017/6/1519:22:39

肝臓がんで肝動脈塞栓療法(TAE)や肝動脈化学塞栓療法で血糖測定を行う理由はなぜでしょうか??

閲覧数:
49
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gsu********さん

2017/6/1519:25:15

肝臓には血液中のグルコース濃度に応じて、血液中のグルコースをグリコーゲンとして貯蔵したり、貯蔵したグリコーゲンをグルコースに変換し、血液中へ放出したりすることで、グルコース濃度を一定に保つ機能があり、この機能の低下を診るためです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる