ここから本文です

直径がd=20mmの鋼製丸棒にP=5000Nの引張荷重が作用する。①引張応力(MPa)を求めよ...

アバター

ID非公開さん

2017/6/1622:10:18

直径がd=20mmの鋼製丸棒にP=5000Nの引張荷重が作用する。①引張応力(MPa)を求めよ。②鋼製丸棒の縦弾性係数をE=210GPa、縦ひずみを求めよ。③鋼製丸棒のポアソン比をv=0.3、横ひずみおよび直径の減少量(mm)を求めよ



わかりませんでした。
わかる方教えてください。

閲覧数:
188
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

osu********さん

編集あり2017/6/1702:26:32

鋼性丸棒の断面積をA、引っ張り荷重をP、引っ張り応力をσとする。

①A=(20×10^-3)^2×3.14/4=0.02^2×3.14/4=0.0004×3.14/4=0.0001×3.14=3.14×10^-4

σ=P/Aより、σ=5000/3.14×10^-4=5.0×10^7/3.14=1.6×10^7(Pa)=1.6×10^1(MPa)=16(MPa)

アバター

質問した人からのコメント

2017/6/17 11:59:23

回答ありがとうございます!
理解できるように頑張ります!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hap********さん

2017/6/1708:17:09

>ID非公開さん
>直径がd=20mmの鋼製丸棒にP=5000Nの引張荷重が作用する。

>①引張応力(MPa)を求めよ。

引張応力σ=P/A=P/(πd²/4)=15.9[MPa]

>②鋼製丸棒の縦弾性係数をE=210GPa、縦ひずみを求めよ。

縦ひずみε=σ/E=15.9/(210x1000)=7.58x10⁻⁵

>③鋼製丸棒のポアソン比をv=0.3、横ひずみおよび直径の減少量(mm)を求めよ。

横ひずみ=7.58x10⁻⁵x0.3=2.27x10⁻⁵
直径の減少量=20x2.27x10⁻⁵=4.54x10⁻⁴[mm]

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる