ここから本文です

新幹線の駅って何で通過線と待避線と分かれている構造になっているのですか?

cuh********さん

2017/6/1716:27:36

新幹線の駅って何で通過線と待避線と分かれている構造になっているのですか?

閲覧数:
883
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tra********さん

2017/6/1718:11:50

そのようにしなければ、今のような過密なダイヤが組めないです。

退避線に先行している遅い列車を入れて、
その間に通過線に速達タイプの列車を走らせて駅を通過するのです。

そのようにすることで、過密なダイヤを組んでいるのです。

退避線・通過線がなければ、新幹線がすべて、
「こだま」タイプだけになっているでしょう。

「こだま」タイプの列車を待避線に入れて駅に停車させて、
「のぞみ」タイプの列車を通過線を使って通過させるのです。

質問した人からのコメント

2017/6/23 14:13:08

回答ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kbs********さん

2017/6/1722:15:08

退避線に先行しているこだま「各駅停車」などの列車を入れて、
その間に通過線に速達タイプの列車が駅を通過します。
「熱海駅など通過線がない駅もあり」

ですが、新幹線だけではないです。
京急の鮫洲駅、名鉄の二ツ杁駅・岐南駅など。

ay8********さん

編集あり2017/6/1801:06:06

同じ線路で速達タイプと各停タイプの両方を運行するから。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/6/1719:43:11

ホームドアという発想が無かった時代に、時速200km/h = 分速3km/sという超高速の物体が客の目の前を通り過ぎるのは危険と判断したから。

chi********さん

2017/6/1719:21:52

東京、新横浜、熱海、 名古屋、京都、新大阪と、東海道新幹線だけでも通過線のない駅は多いです。

特に新幹線の駅が待避線と通過線に分かれた構造に決められていると限りません。

勘違いのようですね。

2017/6/1718:42:58

新大阪駅や熱海駅や新神戸駅は、そのような構造になっていません。東京駅もですね。色々な構造の駅があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる