ここから本文です

お墓や仏壇は必要だと思いますか?? 亡くなられた方のために必要なんですか??

iamblambchanさん

2017/6/1912:29:26

お墓や仏壇は必要だと思いますか??
亡くなられた方のために必要なんですか??

閲覧数:
598
回答数:
15

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man25415さん

2017/6/2217:39:45

①お墓・・・・不要です。
土葬なら必須ですが、火葬なら本来不要です。
すでに火葬の煙と共に天に昇り「千の風」になっています。
熱心な仏教国ブータンでは墓は造らないそうです。
火葬なのに、「骨を拾って墓を造れ!」と言うのは葬式産業の商売です。
法律でも火葬は必須ですが、収骨は不要です。

②仏壇・・・・不要です。もっと良い代替品が有ります。
仏壇とは、位牌の収納ケース(位牌堂)に仏教アレンジを加えたものです。
位牌とは、大昔(写真が発明されるずっと前)に儒教で考えた故人の象徴です。
これが○○おばあちゃん、これが××おじいちゃんということです。

当時はグッドアイデアでした。というのは、
大金持ちなら、故人のためにお堂を建てたり、彫像を造ったり、肖像画を残したりできます。しかし一般人にはそんなことはできません。
そこでカマボコ板のようなものに名前を書いて故人の象徴とした訳です。

しかし現代では写真の方が優れています。(もっと良い代替品です。)
写真をみて故人を偲ぶ、それが供養です。

③蛇足・・・お経がないと寂しいと思う人へ
日本で坊さんが葬儀に絡んでくるのは、江戸時代の檀家制度の名残です。
それは、
・お寺で、出生と死亡を管理せよ。・・・・今の役場の仕事です。年貢のゴマカシを防ぐためです。
・お寺で葬式もやれ。・・・・・キリシタン弾圧です。

もともと仏教は一般人の葬式をしない宗教なので、困った坊さんは一般人も死後出家するものとして坊さんとしての名前を付けました。それが戒名です。
お経は「お前は修行の途中で死んじゃったけど、あの世でもこのお経を忘れず修行に励め!」と言うものです。ある意味、大きなお世話です。

檀家制度は明治に廃止され、今は任意継続です。
いっぱいお寺があったのはそういう制度だったからで、皆が仏教を信仰していた訳ではありません。今どんどんお寺は減っています。当然でしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ytadanukiさん

2017/6/2217:15:04

他のかたがたも回答してくださっていますが
死んだ人には墓も位牌も必要のないもの、無意味なものです。
遺族が故人を偲ぶためにあるのです。昔は写真もなかったし、よほどエラい人でなければ銅像も建ちませんから、位牌が必要だったんですね。
でもインドじゃ墓も位牌も作りませんね。必要ってことはありません。

ihimnaさん

2017/6/2213:21:05

亡くなった方よりは、今生きている人が必要としていると思います。墓や仏壇、位牌を見ることでご先祖を再確認しますし、自分が亡くなった後も形で残り、子供や孫が記憶してくれます。なお現代では映像や写真があるので、墓石や位牌に頼らなくても残ると思いがちですが、100年200年残すのは大変ですから、石や木で残したほうが確実です。

ra37eru77さん

2017/6/2120:38:33

亡くなられた方はお墓、仏壇、戒名(位牌)…とかに関心がありません。
単なる金食いのモノにすぎません。
モノがないから、故人が悲しむこともありません。

モノで供養はできないのです。

2017/6/1921:17:08

必要無いと思っていたのですが

夫(昨年病死)の骨を見ていると
やっぱり"お墓に入れてあげよう"という気持ちになってきました
家にいつまでも居るより死んだ人は死んだ人の居るべき場所に…って

昔ながらのあの大きなお墓ではなく
小さな"夫婦墓"ちゃんと二人の名前を刻んで
私が死んだら又、一緒に居ようと思って…

お墓ってきっと居場所だと思います
夫と私の…
骨になってもずーっと一緒に♡いる

2017/6/1916:33:58

不要ですね。
そもそも供養のための物は、死者のためではなく、生きている人の慰めのためのものですから。
子どもや孫が必要なしと思えば必要ないんです。
私は自分の実家のお墓は父の代で処分することになってますし、夫の実家のも息子たちに継がせる気はありませんので、私の代で処分しようと思っています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。