ここから本文です

アメリカのビザについて質問です

アバター

ID非公開さん

2017/6/2111:41:18

アメリカのビザについて質問です

アメリカのメイクの専門学校に通った後数年だけでもいいので就労ビザをとりアメリカで働きたいなと思っているのですが、専門学校はどのようなビザが取れる学校に通えばいいのか、卒業後はどのようにして就労ビザをとればよいのでしょうか?

閲覧数:
157
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jaz********さん

2017/6/2313:15:24

アメリカ在住です。

Cosmetologyの学校というのは、卒業してテストを受ければ「資格」は取れるかもしれませんが、「学位」が取れないので、卒業後にOPTできないと思います。

仮に4年制の大学を出ても、1年間OPTができるだけです。その期間中はたいていの場合、最低賃金くらいの非常に安い給料で働くことになります。アメリカのアパート代というのは地方都市でも高いので、生きていくのがやっとという生活レベルになるでしょう。

OPT期間中にH1bビザをスポンサーしてくれる企業を探し、うまく採用されれば3年のH1bビザがもらえます。H1bは転職が可能で、1回だけ更新ができます。つまり最長で6年アメリカに滞在できます。期限が切れたら1年以上アメリカ国外に滞在して、再度スポンサー企業がみつかれば申請は可能です。

ただし、

① トランプ政権がH1bビザの枠を減らす方針
② H1bは毎年4月1日に募集開始するが、早ければ即日で一杯になります
③ H1bは年によって枠が違いますが、概ね5万人くらいです
④ H1bを申請する人は博士号などを持った専門家が多いです

という事情から難しいでしょう。美容師というのは言っちゃ悪いですが、誰でも務まる仕事です。なのでわざわざ外国人を雇わないといけないようなほどの優秀な人材というのはまずいません。ですからアメリカの移民局に対して説得力に欠けます。

H1bもOPTと同様で、中途半端なレベルの人材に対しては、普通より安い給料でこき使う会社が多いようです。

L1ビザは申請できません。残るはE2ビザですが、日本に本社があってアメリカで支店展開している大手美容院というのはありません。アメリカの子会社の資本金としても約5000万円ほどの投資額ができるような規模の美容院です。なのでE2も無理でしょう。

上記H1b、L1、E2が一般的な人が申請できるであろう就労ビザです。

あとは移民です。人種多様化プログラムによる抽選永住権、結婚による永住権があります。

私はE2ビザをスポンサーしてもらい、その後アメリカ人と結婚して永住権を取りました。アメリカで働いたり永住権を取るのは、日本人が考えているよりずっと審査が厳しく狭き門です。私も苦労しました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mor********さん

2017/6/2402:13:09

ビザを発給出来る学校か何処かと言うのは、ご自分で調べないとダメです。
それが出来ないなら、エージェントに相談をしてください。

就労ビザは、他の方も答えている様に、雇い先が発給手続きをしてまでも、雇いたいとならないと無理です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

run********さん

2017/6/2200:42:52

就労ビザって、まず雇ってくれる先があって
そこが働きかけて出るもんだと思うんですが・・・。
つまり、申請はあなたがするんじゃない。

「仕事の雇先」

自分がやりたいから、じゃなくて相手がどうしても
あなたじゃないと・あなたが必要だと望んで初めて
スタートする話を、学校にも行かない段階でするのは
流石に取らぬ狸の皮算用状態かと。

stu********さん

2017/6/2121:43:06

専門学校のコースはM-1ビザです。
M-1ビザはアカデミックと語学研修以外のコースをF-1ビザから分離して新設されたビザで非常に使い勝手が悪く当局が厳しく管理できるビザです。F-1ビザではD/Sが貰えるので学校に行っている限り何年でも滞在出来ますがM-1ビザでは1年以内の滞在期限を限っての入国許可になります。滞在期限の延長申請を忘れるとオーバーステイになります。滞在期限の延長は3年までしか認められません。M-1ステータスでは当初の教育目的の変更は禁止されています。M-1ステータスからF-1ステータスへの変更は禁止されています。M-1ビザを申請した場合はその学校がアメリカでの最後の留学と考えた方が良いです。

コミュニテイカレッジのアカデミックのメイクのコースを探してF-1ビザで留学してください。別のコースを取ったりして長期間滞在できます。
https://www.uscis.gov/ilink/docView/SLB/HTML/SLB/0-0-0-1/0-0-0-1126...

アメリカで働くにはアメリカ人の雇用を奪わない証明を労働省から取得します。
労働省に申請を行なってくれる雇用主を探します。
新聞広告を出して「応募資格がありその仕事をする意思のあるアメリカ労働者」がいない事を証明します。たまたま新聞広告を出した時期に応募者がいなくて労働省の証明が取れるラッキーなケースもあると思います。

jam********さん

2017/6/2113:48:24

専門学校を卒業したら就労ビザは取れません。就労ビザは就職する職種に関する専攻で四大卒以上の学歴が必要です。

美容関係の仕事は高卒でも就けるため、永住権を持たない外国人がアメリカ人から仕事を奪わないように、就労ビザは発行されません。
どうしても美容関係でアメリカで働きたいなら方法は一つ。
1.アメリカ人と結婚して永住権を取る。永住権を持っていれば外国人でも一部の職業(警察官など)を除けば好きな仕事ができます。
2. 日本で世界的に有名なメイクアップアーティストになり、アメリカからヘッドハンティングされる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる