ここから本文です

拓郎さんの歌に「苫小牧発仙台行きフェリー」(落陽)とありますが、これは今の太...

happy1さん

2017/6/2317:03:36

拓郎さんの歌に「苫小牧発仙台行きフェリー」(落陽)とありますが、これは今の太平洋フェリーだと思われますが、太平洋フェリーはいつから、操業しているのでしょうか?

補足調べてみたら、太平洋フェリーは、1982年創業でした。そうすると落陽が作られた時期よりも後になってしまいますが、その当時はどういったフェリーが就航していたのでしょうか。

閲覧数:
735
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abc********さん

2017/6/2318:18:51

太平洋フェリーは1982年からですがその前は太平洋沿海フェリーが1973年から苫小牧ー仙台ー名古屋を運航しており、その営業権を引き継いだのが太平洋フェリーです。
1973年というと「洛陽」が出た年ですからこの航路の運航に合わせてこの曲が出たのでしょう。この当時は「あるごう」「あるびれお」「あるかす」などが運航していたようです。

私は1979年5月に北海道からの帰りに苫小牧→仙台に乗りました。当時車は今のように運転者自身が運転しての乗船ではなく、専門の乗船職員が運転して乗せました。
1975年からは上記の船よりもっと大きな初代「いしかり」と「だいせつ」が運航をしてましたから、私が乗った船はたぶん「いしかり」か「だいせつ」だと思います。
荒天ではなかったけど今の船と比べて結構揺れました(今のようにフィンスタビラーザーは無かっただろうし)。

ちなみに、行きは野辺地ー函館の小型フェリー。これは今はない航路ですが当時は青森ー北海道間に小型フェリーのいくつかの航路がありました。

質問した人からのコメント

2017/6/24 15:43:33

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/6/2322:11:12

太平洋沿海フェリーは、苫小牧航路「あるかす・あるびれお」で、
近海郵船の、「ましゅう・まりも」の拡大改良型です。

これが就航した1972年は一斉で、1月に、日本高速フェリーの初代「さんふらわあ(姉妹船さんふらわあ2」、東京~釧路「まりも」、名門カーフェリー、日本沿海フェリー、と続きます。

洛陽の命名から乗った船は苫小牧航路の近海郵船か太平洋沿海フェリーのいずれかですが、その時最も話題を呼んだのは、最豪華のさんふらわあです・これが洛陽=太陽にかけたのではないでしょうか?


1982年には太平洋沿海フェリーを名鉄グループが買収して、太平洋フェリーと名前が変わり、いしかり・だいせつが投入されるのです。

「あるなする・あるごう」は、6800トンフェリーで名古屋~大分航路です。1973年です。太平洋沿海フェリーです。閉鎖になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる