ここから本文です

武田は長篠の合戦だけであんなに弱体化するものなんでしょうか? それとも上杉...

matopon1990さん

2017/6/2607:41:42

武田は長篠の合戦だけであんなに弱体化するものなんでしょうか?

それとも上杉との戦いでかなり疲弊したり
信玄が亡くなった時にはもうかなり勢いが落ちてたんですか?

閲覧数:
235
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

inasa99さん

2017/6/2611:27:55

武田信玄が上杉との戦いにこだわり過ぎて南の防衛が疎かになっていた事は否めません。
長篠の合戦は人材を失った点では痛かったですが、対上杉に備えて兵力の半分は越後方面を守っており、長篠での兵の消耗は数年で回復したはずです。
だから長篠で急激に弱体化したわけではありません。
それ以前に武田はそんなに強くなかったんです。
今でもそうですが、甲斐は経済的に遅れた地域であり、こんな地域で強い兵力を作れるはずがありません。
武田が強かったと言うのは浪人となった武田武士たちが仕官のために吹聴した作り話に過ぎないのです。

質問した人からのコメント

2017/6/26 17:03:19

回答ありがとうございます!
ある意味、真田の伝説みたいなものですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kasimaya13さん

2017/6/2611:03:46

長篠の戦は単に局地戦で、体制に大きな影響はありません。
信長の鉄砲3段うちなんて話で盛り上がっただけです。

武田はその後も勢力拡大していきますが
北条と手切れになったことで躓きます。

その後、織田本隊がまともに攻めてきてなんとかできる大名は
あの時点ではありません。

織田方面軍でも厳しいでしょう。

laica3fさん

2017/6/2610:05:15

長篠の敗北は痛手ではあっても武田家にとって決定的なものではなく、三方ケ原での勝利と合わせて、対徳川戦一勝一敗、五分と云う感覚でした。
信玄以来の老臣を失ったことも、却って家臣団の若返りにつながり、勝頼にとっては統率しやすくなった面もあります。その後、北條氏政の妹を勝頼の正室に迎えたことで北條との同盟関係を築き、武田家は家運を盛り返しているのです。
転機になったのは上杉家内の相続争い、御館の乱に介入した際、北條家出身の景虎を見捨てて景勝に加担してしまったことです。これにより北條との同盟が破綻となり武田は孤立してしまいます。この時から武田家は急速に衰退に向かいます。
つまり武田の弱体化のきっかけは北條との同盟破綻にあり、長篠の敗北ではないということです。

joyfullunidyさん

2017/6/2609:24:07

武田が最大版図を築いたのは長篠合戦の後だよ。
長篠敗北後すぐに兵を再編して逆劇の態勢を整えております。
武田が追い込まれたのは、北条を敵に回して同盟が切れてしまったことだろう。上野方面では攻勢に出れていたが、東海方面では徳川と北条にはさまれて苦しかった。
結局、高天神城への援軍を出せずに全滅させたのも後背に北条がいたからです。高天神城には武田領国各所の国衆が番衆として入っており、武田が援軍を出さなかったことで国衆の信用を失ったことが、裏切りを次々に出すことになった要因です。

戦国大名と国衆の関係は安全保障契約みたいなものですから、守ってくれないなら従属先を変えるのは当たり前だったのです。

2017/6/2608:57:07

周りが離れていくでしょ
求心力の低下です

2017/6/2607:56:49

当時は信長、家康同盟の勢いが急速に伸び、領国を増やし収入や兵力も武
田家を遥かに上回る状態で、武田家としては三河に侵攻し家康を孤立化さ
せ信長から切り離すしか有りませんでした。
だから長篠の戦いとなったのです。武田家がもっと小さければ信長に臣従
したでしょうが、信玄以来の名家で中途半端な国力だったので信長と戦う
しかなかったのです。


勝頼さん可哀そうだったね・・・(+_+)

当時は信長、家康同盟の勢いが急速に伸び、領国を増やし収入や兵力も武...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。