ここから本文です

前川恵議員に質問です。 政治のこと少しは勉強されましたか?

mac********さん

2017/6/2822:48:45

前川恵議員に質問です。

政治のこと少しは勉強されましたか?

【2年前の記者とのやり取り】
記者「これからどちらに行かれるんですか」
前川恵「今からあの…、あ、ごめんなさい、何て言えばいいんですか?」

自民党スタッフ「初登院」
前川恵「初登院?」
スタッフ「中央玄関に参ります、と」
前川恵「えっ何? 何?」

(中略)
記者「実質賃金がすごく下がっているというようなデータも一方であるんですけれども、その点はいかがですか」
前川恵「それもひとつの課題、だと思いますが、…まあ、…どうしよう、わかんない(笑)」

記者「思うことがあればと思うんですが」
前川恵「まあ…、コメントは、控えます」

記者「議員定数の削減については?」
前川恵「ま、削減、は…、個人的なことですよね? 私は削減もあり、ありだと思います。あれ、自民党の方針ってどうでしたっけ?」
「わかんなーい(笑)、それ。それはもう、ノーコメントです。私はもう、『食』って分野で、精いっぱい自分のできることを、やっていけたらと思っているので」

閲覧数:
29
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ooo********さん

2017/7/205:09:24

国家犯罪となるもっと危険な事実もあります。共謀罪が成立すると人はエレクトロニックハラスメント(電波攻撃)、科学の力で政府に支配される可能性があります。
※ 電子マインドコントロール

エレクトロニック・ハラスメント(電波攻撃)はマインドコントロールが目的であるということが言われます。これは、それ自体は銃などと違い人を即死させるものではない、非致死性の武器を使用して何を達成するのかということですが、その目的がマインドコントロールであるとされています。
つまり、人の行動に対し、痛み等の苦しみを与えることで、その行動を変化または断念させたり、音声を送り込んで、偽の情報を聞かせて被害者に何かをさせる、というような、人間のコントロールを目的とする使い方です。
政府に攻撃される人間はエレクトロニックハラスメント(電波攻撃)マインドコントロールにより行動を支配する事が可能となります。
この武器の怖い所は対象の被害者が攻撃されてる事実に気付かない事も多いことです。出力の加減、または音声を送らなければ被害者は一時的な体調不良と感じ、その場を乗り切る事が可能です。デモや違法行為をする人間に電波を使用すれば士気の低下、体調不良により行動を断念させられます。場合によってはガン、認知症、脳梗塞、統合失調症などの病気を誘発し、自殺、暗殺する事も可能です。下↓に一部詳細が記されています。日本での認知度はとても低いものとなりますが、海外での認知度は高く、法律がある国もあります。日本にある軍事最高技術になります。テクノロジー犯罪とも言われ、数多くの被害者がこのハイテクノロジー技術の武器により社会生活から抹消されています。共謀罪が適用されて監視の範囲が広がる事によりエレクトロニックハラスメント(電波攻撃)の被害者となる人が増える世の中になる可能性があります。

http://stopeh.org/wordpress/?page_id=15

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる