ここから本文です

jis規格で圧縮強度でなく引張強度を基準に考えるのは何故でしょうか?

bea********さん

2017/6/2908:40:25

jis規格で圧縮強度でなく引張強度を基準に考えるのは何故でしょうか?

閲覧数:
104
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sin********さん

2017/6/2911:02:34

金属を使う設計で必要なのは引張強度です。
塑性変形、割れ、千切れにならない限界を
見極める必要があるから。
強く圧縮して塑性変形に及んでも害に至る
ことは少ない。

圧縮強度はその材料を必要な形にする加工
で必要。それも熱間の加工が多いから高温試験
が多く、常温の特性はあまり必要としない。

http://www.jfe-tec.co.jp/tech-consul/hot_working.html
試験事例1、試験事例2

既出のコンクリートは逆で引張応力下では使わ
ないとされるから圧縮強度。
硬脆材でもその中間的なセラミックなどは両方
で言うことあり。

質問した人からのコメント

2017/6/29 11:24:40

ご丁寧にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mad********さん

2017/6/2910:32:22

そんな事はないですよ、せん断強度を用いることもあれば、コンクリートなどは圧縮の強度で表します。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q118082332...
その材料の使われ方〈応力〉をもとに使い分けるのが普通です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる