ここから本文です

院号があるお寺では、今や院号はお金で買える様ですが、小耳に挟んだ話ですが、本...

アバター

ID非公開さん

2017/6/3009:02:15

院号があるお寺では、今や院号はお金で買える様ですが、小耳に挟んだ話ですが、本来院号はそのお寺にどのくらい寄与したかに寄り住職がら賜るとかで、墓管理にて33回忌をした檀家の施主に与えられる様な話を聞きま

したが、その話は本当でしょうか

やはり今は金しだいでしょうか

閲覧数:
192
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

plmnhytfcさん

2017/7/114:59:59

戒名の頭につく院号は、
生前にお寺や社会に大きな貢献をされた方へ、
その功績をたたえる意味で贈られる
いわば称号です。
院号をもらうには、
長年、体を使ってお寺のために奉仕活動をするか、
お金を布施して貢献するか、
在家居士として相当の修行を積むか、
どれかが必要です。
三十三回忌をした施主が
一律に与えられるということはありません。

昔は院号は皇族や大名・武家などに限られていました。
そういう人たちは菩提寺を大切にしており、
お寺の運営に多額の御布施をしていました。
先祖の供養のためにお寺を一軒建てることもあったわけです。
そういう意味では、院号は、
今も昔もお金次第といえます。

今では、長年檀家総代をされた方など、
お寺に貢献された方は、
たとえ多額の御布施をせずとも院号が贈られます。
そういう方は、おのずと葬儀の時の御布施も多いですが。

逆に、生前、お寺のために何もしていないけれど、
家柄的に院号が欲しいという場合は、
お金でお寺に貢献するしか方法がありません。
院号料が高いと言われるゆえんです。
生前ずっとお寺のために貢献してきた人と
同じように院号を付けるには、
そうしなければ釣り合いがとれず、
フェアではありません。

あるいは禅宗ですと、
生きているうちに在家の居士として老師に参禅して、
坐禅をやり、悟ったという印可証明
(免許皆伝みたいなもの)
をもらうくらいまで修行すれば、
院号が贈られると思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zido8327さん

2017/7/219:32:21

院号があるお寺?
戒名に院号を付けてくださる、お寺のことでしょうか。
貴方の言うとうり、本来お寺に寄与、貢献した人に与えられるものです。
うちの場合は、
祖父が亡くなった時、先代の住職さまが院号位号を付けてくださいました。
「いかほど」かと聞くと、「いりません」
祖母の位号(大姉)の時も先代さまでした。同じく「いりません」
姉を亡くした時は、現在の住職は、「いかほど」かと聞くと「いりません。大姉つけます」と答えられました。
先代の住職さまは、祖父のお通夜での法話。葬儀のときの法話。涙声でした。それほどお寺との交際、貢献をした証しです。
なにも、金銭だけではありません。住職との交際関係が大切かと思います。

自分の子に名前を付けたとき、子に向かって、命名代ちょうだいとは、言わないでしょう。そのような考えからかと察しています。

お寺と良い交際をされますように。

igottacookstさん

2017/7/200:46:00

総代や役員経験者には無料で院号がもらえます。

何も役員をしていないなら、寄付をすれば、院号がもらえます。

決して金次第ではないです。

お金がなくて生活保護を長年受けておられた方も、役員をされてお寺に貢献があるということで、ちゃんと院号をもらわれました。

寄付や労務提供によって、貢献があれば院号がもらえます。
役員を引き受けたくないけど、院号だけは欲しいという方は、寄付をして院号をもらうので、そういう人が、院号を「買った」と表現されるのでしょう。

金で買う院号には価値がないですね。

mokuhyou23さん

2017/7/119:26:47

後鳥羽院とか聞いたことありますよね。

もともと高貴な、皇族に使われているので一般では使用不可です。それが、天皇の人間宣言などで一般化され解放されたのですが、その院をどのように使うのか?というのは、その宗派によってまったく違います。単立の宗教法人なら、ただでいくらでも院号を出せます。

宗派によってまったく対応の違う話なので、お金を出した人がいるならお金しだいの宗派なのでしょう。

aho_dane111さん

2017/6/3011:14:13

本来院号はそのお寺にどのくらい寄与したかに寄り、、、

ということですから、33回忌までお寺さんとお付き合いしてきた、ということもそれに該当するでしょうね?

私のとこも院号を頂いておりますが、先祖代々の付き合いで歴史は長いです。
檀家の役目も代々勤めているようで、今は母親が一人で総代をしています。

私は都会で暮らしておりますが、今後がどうなるか、頭が痛いところですね。
神道に改宗したいという気持ちもありますが、そうもいかない気もします、、、

編集あり2017/6/3011:31:44

宗派やそのお寺の考え方にもよるとは思いますが、、
わが家の菩提寺には墓地が無いので、親族一同 市営墓地。

私の父は院号を貰いました、、課金無し。
永年 檀家総代等 お寺関係の役員をしていたからでしょうね。
長いお付き合いで 私も先々代の御住職を知ってます。

普通の年金生活でしたから、お寺へのお金は最低限だったと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。