ここから本文です

第三取得者は代位できない?第三取得者が債権者に弁済した場合、債務者には求償で...

アバター

ID非公開さん

2017/7/321:54:23

第三取得者は代位できない?第三取得者が債権者に弁済した場合、債務者には求償できるが、その弁済がなくても保証人には請求できない。

債務者へ請求できるなら、代位できてるのでは??と思ったのですが、債権者へ代位できてるんじゃ、、

代位を勘違いしてるかもしれません。なにか認識が違うようでしたらお教えいただけますか。

閲覧数:
106
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

com********さん

2017/7/322:51:56

弁済による代位(499.500)のこと?
代位には債権者代位(423)ってのもあるからちゃんと書いて

>第三取得者は代位できない?
いいえ(567Ⅱ)
担保目的物の第三取得者は「弁済を為すにつき正当の利益を有する」(500)

>第三取得者が債権者に弁済した場合、債務者には求償できる
はい

>その弁済がなくても保証人には請求できない

弁済してないなら請求できるはずなし
弁済したなら請求できる場合あり(保証の規定に従う)

>債務者へ請求できるなら、代位できてるのでは??
はい
君の言う「第三取得者」が取得した目的物が担保目的物でないなら代位はできない(この場合は第三者の弁済474。求償はできるが根拠は702)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kat********さん

編集あり2017/7/322:04:59

代位と代理の違いがキモなのでは?
代理は代理される本人に責任が生じますが、代位は自己の名において実施するから保証人は債務者の保証であって代位した人と直接の債権関係にないから?

債権者代位権も代理で債権の回収を実行するものではないですよね

文字で書くとわかりにくいですが、例題を相関図にしていくと権利関係がよくわかります。あとは民法の債権の考え方を当て込んで見るといいかもです。
私も昔民法等々を勉強するとき、権利関係で難しい例題は相関図にして頭を整理しましたよ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる