ここから本文です

動画の撮影時に初心者はパンするな、ズームするな、1カット10秒撮影!?

アバター

ID非公開さん

2017/7/614:55:34

動画の撮影時に初心者はパンするな、ズームするな、1カット10秒撮影!?

http://douga-tec.com/?p=2634#i-6
>カメラは撮影中に動かさない(歩きながら撮影、パン、ズームは絶対しない)
このルールが正しいなら家庭用ビデオが29分以上撮影できる関税状態で売る理由は何?

閲覧数:
445
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sug********さん

2017/7/619:55:36

カット編集を前提に他人に見せるための映像を撮る際のコツです。
カメラを初めて手にする人が撮る運動会や発表会のビデオでありがちな失敗例を戒めています。
撮った本人しか見ないビデオ・身内だけしか見ないビデオではどうでもいいことです。

初心者にわが子を撮らせると・・・どアップのままフォロー・パンを使いまくる客観性のない映像ばかり撮ります。こんな映像だけでは2~3分も見せられればもうお腹いっぱい。さわりの部分には使えても足りないものが多すぎて1本の作品には仕上がらないのです。しかも初心者の腕前での手持ちだと手ぶれ補正がバッチリ効いていてもフレーム内を被写体が彷徨う落ち着きのない映像にしかなりません。
パン、ズームは絶対するなとは言う一方でドリーインは使ってもいいと言っていますから、真意としては絶対禁止と言われてもパン・ズームを使ってしまう初心者の性格を見越して、パンやズームの多用は控えなさい、引きのカットも撮りなさい、フィックスも使ってみなさい、被写体はフォローしまくるだけではなくフレームイン・フレームアウトさせる手もあるのですよ、フォロー以外の目的でもパンは使えるのですよ・・・等々と言いたかったのではと思います。

1カット10秒というのは文字通り。長めに撮ったつもりでもいざ編集素材に使おうとすると尺が足りないことはよくあります。

たくさんカットを撮るというのは、作者の実践例だと1分程度の動画のために50カットは撮影したということ。編集の段階になって「こんなカットを撮っておけばよかった・・・」と後悔するのは尺不足と同じくらいによくあるミス。ちなみに使わなかったカットは単純なボツではなく他のビデオで使うかもしれないストックになります。

ちなみに長回しは映像技法の中でも難易度の高いものです。だらだらと流す実況スタイルならともかく映画作品なんかでは5分の長回しは世界記録級です。もっとも、コンサートなんかでは1台は音撮りも兼ねてフィックスの撮影に回すので30分以上の長回しはしますけど、それは映像素材としての長回しを意味するものではありません。

・・・そういった映像作品のためのカット撮りのコツと、カメラ自体の最大連続撮影時間は全く別のものです。

  • sug********さん

    2017/7/620:37:44

    ここで言うところの映像作品とは、見ず知らずの視聴者に初めて見せる場合であっても視聴者を置いてけぼりにしないよう起承転結や状況の説明などを織り込んである作品のことです。会場に行けない視聴者のためのコンサートやスポーツなどの収録はこれとは違ったものが要求されます。

    1カット10秒に捕捉しておきますと、別回答者の言うように編集点が取れないカットは肝心の瞬間をしっかり捉えていても使えないのです。肝心のシーンを理解してもらえる前に別のカットに切り替わってしまいますので。

    まあ編集というのは料理の添え物や盛り付けみたいな側面も大きく、うまくやればメインディッシュである見せたいものをより一層引き立ててくれます。お粗末なメインディッシュを美味しそうに見せることさえ可能ですが、やりすぎはCMかバラエティになってしまいますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/7 20:11:40

ていねいにありがとうございます
自分でも理解ができました

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

金鎚さん

2017/7/619:53:29

パンやズームは意図を持って行うカメラワークです。
カメラワークも理解できない、まともなカメラワークもできない初心者なら、やらないほうが無難ですし、カメラワークを行わないことで、基本の映像構成を意識しやすいというのはあります。
パンやズームを行わないで構成を作る、というのは初心者だけでなく、プロも最初に通る道です。
画面や場面の構成ができるようになってから、「この映像の中のこの人を強調したいので、全体からズームしてこの人に寄ろう」とか、「会話している2人の関係性を強調するために、会話に合わせてパンしよう」など、カメラワークをつけていくものです。

初心者がよく陥るカメラワークの失敗は、撮りたいものを追いすぎて、不安定で意味不明なカメラワークを繰り返し、ブレブレで映像が安定しなかったり、アップばっかりで周りの状況がわからない、などがあります。
まず全体の状況がわかるロング(引き)の映像をFixで撮る、次に見せたいものをアップで撮る(その際被写体が動けばカメラで追っかけるけど、厳密にはフォローでパンでは無い)、という撮影方法は、初心者がわかりやすい(見やすい)映像を撮影するために有効な手段であると思います。

歩きながら撮影するな! というのは純粋に手振れで酔うからでしょうね。

10秒撮影は編集点を作るために必要な長さです。
実際に見せるのは4~6秒ぐらいが多くなると思いますが、撮影したクリップの中の「美味しいところ」だけを上手に使うためには、前後に余裕が必要です。
もちろん意味があれば10秒以上でもOKですし、スポーツや発表会などは切らずに撮りっぱなしです。
パンやズームを行う際にも、前後に10秒のFixをつけて撮影します。


上記の理由は、編集を行い「作品」を作るための方法です。
編集もしないで撮りっぱなし垂れ流しなら、全く気にする必要はありません。
ただ見てる人は苦痛ですね。
見やすい映像、わかりやすい映像を作るのに編集は絶対必要ですし、そのための初心者ステップとして間違った指摘ではないと思います(少々説明不足ですけどね)。

また、スポーツや発表会などで撮影し続けるために、29分以上の連続録画時間は必要です。
これは編集でわかりやすい映像を作る理論とは全く別の理由ですので、当然撮影時間の長さは重要な性能のひとつとなります。

のほほんさん

2017/7/617:23:27

この記事の投稿日は2013年2月ですか

この頃の機種だって手ぶれ補正は有効なはずだよね

ただ、私も、妻が撮ってきた映像にはうんざります
●ブレを意識せずガシガシ歩き、かなりぶれる
●パンのスピードが早すぎて、うっとおしい
●ズームスピードも早すぎて、うっとおしい

と、なので、私の妻のような”超初心者”に向けて
「できないなら、やらない方が良い」という意味で言ってるなら、うなづける

でも、このサイトの解説だと、中級、上級とあるけど
中級は初級に加えて、「ひきとよりを両方撮る」
上級では初級と中級に加えて「角度、高さを変える」
って、初級の「パン、ズームは絶対しない」って定義を外さないね?

この人の考え方なんだろうね?
普段どんな動画撮ってるひとなんだろう?
例えば子供の歌声発表会。”ひき”で撮るときはいいとしても
”より”でとったら、そのままパンして、全員とか、知り合いの子とかをアップで撮るよね?
それを全部パンなしで、都度撮りたい子供に向け直してから撮影開始してたら、歌声はブツブツに途切れるけど、、、それはそれで聞き苦しいようなきもするけど。
一人の子で3~4秒ずつとっていったら、歌が歌に聞こえないよね?
この人が言うとおり10秒以上撮る定義だと1人で10秒、、、2分くらいの歌だと12シーンしか撮れない、、、
これじゃ困るね。

そういうシチュエーションを想定していないんだろうね。
旅行かな?


ま、でも「慣れないうちはパンをしないようにしましょう。」って書いて有るので、この人はパンやズームはかなり高度な技術なので、素人が慣れないうちはやらない方がいい!っていう感じなんでしょうね

で、10秒以上撮ろう!ってのはどうかと思う
まあ、考え方でしょうけど。ちゃんと編集するならその通りですね。
でも、撮ったものをそのまま見るなら、1カット4~5秒で、意味のあるシーンだけ10秒以上撮る
とかにしないと、だらだらして見られた物ではない。
まあ、考え方の違いですね。
私はなるべくお手軽に!動画編集なんて、撮ったカットを全てぶち込んで出来上がるくらいカットは短く、不要なシーンはなるべく撮らない!なんてスタンスの人とは、話が違いますね!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lyn********さん

2017/7/617:08:09

>家庭用ビデオが29分以上撮影できる関税状態で売る理由は何?

認識がおかしいね。
ビデオカメラは何分撮影できようがビデオカメラだから。
29分59秒問題は、スティルカメラをビデオカメラ扱いにされないように編み出した苦肉の策。

昔のホームビデオカメラは手ぶれ補正がプアだったので、手持ちで撮れば必ずと言っていいほど…酔った。
今は手ぶれ補正が強力になったため、よっぽどの事がなければ船酔いする映像は無くなったと思うが、それでも三脚に載せてパンチル無し、ムダなズーミングはしない、は基本だ。
ピントでさえもワンカットごとにフィックスは基本。
必ずワンカット10秒でなくてもいいけど、それより短いとつないだ時にせわしなくなる。
最低、ワンカット10秒、って事だな。
色々な映像作品を見てごらん、これらの基本は活かされているから。
ドキュメンタリー性を出したい時には手持ちでも、いやワザと手持ち風にも撮るが、そんな場合でもスタビは必須でしょう。

sya********さん

2017/7/615:48:55

編集前提の話です。
映像の始まりと終わりが固定(Fix)されていない映像は編集時に他の映像と繋ぐと不自然になり、結果使えないものになります。
他者に見せる為の映像というのは結構繊細なものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる