ここから本文です

保険治療ではインレーの段差など当たり前で、フロスが通るかどうかの確認もしない...

shi********さん

2017/7/1217:00:46

保険治療ではインレーの段差など当たり前で、フロスが通るかどうかの確認もしないものでしょうか?
そこまで求めるべきではないですか?

閲覧数:
290
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2017/7/1218:05:35

インレーと自分の歯が接する部分は、どんなに精密に作成しても虫歯になり易い部分です。そんな場所に段差レベルの物があるようではダメです。隣接歯との接触関係も大事です。ゆるいと歯に食片が挟まってその部分が歯周病になります。接触関係はコンタクトゲージという器具で確認しますが、接触関係が適切だとフロスもそれなりの抵抗を感じながら通ることになります。フロスがきちんと通るかどうかの確認も大事です。保険適用内外に関係なく確認すべきことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる