ここから本文です

寛永通宝(銅一文銭)は、「いつまで」製造されていたのですか?? 元文4年・1738...

rad********さん

2017/7/1618:41:15

寛永通宝(銅一文銭)は、「いつまで」製造されていたのですか??
元文4年・1738年には鉄銭の製造が始まったので、それまで、と思っていたのですが
よく考えたら元字銭とか、1738年よりあと

に銅銭として作られていますよね……

閲覧数:
124
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2017/7/1623:36:22

元文四年(1739)に寛永通寶鉄一文銭が初めて登場し、各地の銭座でいっせいに鉄銭が鋳造され、明和二年(1765)には江戸の亀戸銭座でも鉄銭が鋳られるようになり、地方における新規鋳造も鉄銭一辺倒になっていきました。寛永通寶銅一文銭は天明元年(1781)佐渡国相川の銭座で鋳造されたものが最後になりました。

  • 質問者

    rad********さん

    2017/7/1919:55:38

    すっきりしました。ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tkt********さん

2017/7/1619:49:38

幕末までです。

寛永通宝(銅一文銭)は1636年(寛永13)以後幕末まで、銭座、あるいは金座・銀座の下で、鋳造された銅・鉄・真鍮銭で、一文銭と四文銭がありました。鋳造期間が長く、鋳造所が各地に置かれたため種類は数百種に及んでいます。中世以来江戸初期までは、永楽銭をはじめとする中国渡来の銭貨と新鋳銭が大量に通用していたが、質の高下により銭価の高低があったため、撰銭が行われていました。しかし、寛永通宝が鋳造され、永楽銭に対する比価4分の1の京銭(きんせん)(悪銭)と同様に金1両につき銭4貫文の割で通用が命ぜられ、とくに1668年(寛文8)以降大量に鋳出されたことによって、銭貨の流通は平静円滑になりました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる