ここから本文です

価格水準が下落している場合には、先入先出法を用いたときと後入先出法を用いたと...

rw0********さん

2017/7/2212:29:22

価格水準が下落している場合には、先入先出法を用いたときと後入先出法を用いたときとでは、売上原価、期末棚卸高、売上総利益はどのように異なるのでしょうか。
具体的な数値式も用いて説明し

てくださるとありがたいです。

閲覧数:
55
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bar********さん

編集あり2017/7/2214:06:21

後入先出の方が高い利益が算出される。

仕入が 50,40,30,20,10の順
一個100円で3個売上で300の円売上。

後入先出
原価 60 期末棚卸90 売上総利益 240

先入先出
原価 120 期末棚卸30 売上総利益 180

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる