ここから本文です

雇用保険の加入日と退職日にも注意してください。 たとえば、下記のようなケー...

yazawa_fuelさん

2017/7/3008:00:07

雇用保険の加入日と退職日にも注意してください。

たとえば、下記のようなケースは基本手当を受給できません。

「一般の離職者で、4月2日に雇用保険に加入し、翌年3月31日に退職した」

なおかつ

「4月~翌年3月の12ヶ月間すべての月で11日以上働いた」

なぜなら、12ヶ月より1日だけ足りないため被保険者期間が11ヶ月となってしまうからです。

この場合、雇用保険の加入日が4月1日なら基本手当受給の対象となりました。

このように、数日足りないだけで受給対象外になってしまうケースは非常に多いので、加入日と退職日には注意してください。
こんにちわ!受給資格について質問したいです。前文に疑問です。
僕は契約社員で2017年4月3日から2018年3月31日までの契約社員です。「次回はほぼ契約されません」 月に11日以上働くつもりです。このような場合は受給資格があるのですか?
来年の仕事の事やイロイロ視野に入れたいので回答お願いします。

閲覧数:
97
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gtevzu2hさん

2017/7/3010:45:11

「このような場合は受給資格があるのですか?」
被保険者期間が11か月しかないので、引用している文の通り、一般の受給資格者となることはできません。

ただし特定理由離職者として認められると6か月の被保険者期間で受給資格を得られます。特定理由離職者となるためには、契約満了前にあなたが期間契約の延長を申出て断られることが必要です。延長を希望しなければ正当な理由のない自己都合退職となり特定理由離職者とは認められません。

派遣の場合は補足に書いてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。