ここから本文です

インゲン豆が食用豆として全世界に普及したのはなぜですか?

アバター

ID非公開さん

2017/8/100:00:07

インゲン豆が食用豆として全世界に普及したのはなぜですか?

教えてください

閲覧数:
22
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

編集あり2017/8/622:52:06

インゲン豆を含むマメ類は古来人類の生活に食料として利用されてきた。
それは、マメ類が穀類と くらべてタンパク質や脂質に富み、料理に時間がかからない利点があるため。

≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒
マメ料理の種類は多く、たとえばインドではとくに菜食主義者はマメを主食にし、 ヨーグルトとともに主要な食糧となっている。
カレーにしたり、コメと混ぜて発酵させたのち 蒸して作るイドウリ、あるいはキール、パパドなどが知られている。また、アフリカではエジ プトのフアラフェルなどが知られ、新大陸ではブラジルに黒インゲン(クロマメ)と豚の乾肉 を煮込んだフェイジョアーダがある。
また、アンデスのインデイオはラッカセイをいろいろの 料理に用いる。

≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

料理に色々と合い、時間もかからず、使い易く、栄養価も高いインゲン豆は、世界のあちこちで重宝されていた。人々の生活を支え、やがて全世界に普及していったと考えられる。

≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒≒

以下、参考文献です。⤵︎

https://tezukayama.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_actio...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる