ここから本文です

千葉ロッテマリーンズについてです

アバター

ID非公開さん

2017/7/2500:26:09

千葉ロッテマリーンズについてです

2009年6月26日西岡はヒーローインタビューでスタンドに対して訴えてるのをYouTubeで見ました
横断幕を下げてほしいとか言ってるのを覚えています
その次の日応援をボイコット?したり帰れコールが起こった?などど聞いてますがどういう経緯でそうなったのかなぜ西岡にだったのかなどとりあえずそのことについて知りたいのですが全然わかりません
どなたか教えてください。お願いします

閲覧数:
191
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

2017/7/3100:22:34

大まかな流れで書くと

ファンや当時の応援団(以降MVPと書きます)は2010もボビーに監督をやって貰いたい人が多かった

しかし球団側(現オリックス役員の瀬戸山など)はボビーとは監督契約を結ばないと言う

そこでMVPは署名活動を展開。敵味方問わず大量の署名が集まる(私も署名しました)

しかし球団側はそれを受け取り拒否、完全無視。かつオーナー代行(重光)は「千葉のくだらないファン」などとありえない言葉を吐き捨て、瀬戸山やその部下の暴挙(特に米田と言う女はマリンにwiiのできる部屋を新設、野球に飽きたらwiiをやればいいとか言い出す始末)で火に油が注がれます。

そこで質問者さんが見た動画になります。MVPが球団の暴挙に腹を立て横断幕を掲げます。内容が過激だったため、その日たまたまヒーローだった西岡がヒーローインタビューで子供の夢を壊すな。横断幕を下げろと言いますが言ってきた相手がその年結果を残しておらず、その年のチーム低迷の片棒を担いでおり、当時女遊びをしまくって子供の夢とか語れるのか甚だ疑問だった西岡な事が更にMVPの怒りを買い応援をボイコット。ボビーに目をかけられ育った西岡が球団を擁護したのもMVPからすれば「裏切られた感」があったのかもしれませんね。

結果
ボビーはその年限りで解任
MVPも同時に解体
1年後のオフ西岡は逃げるようにメジャーへ
瀬戸山の一派も後にオリックスや海外へ遁走
と誰も幸せにならず事態は終結しました。

私はどちらかと言うとMVP擁護派なので書き方が寄ってたりするかもしれませんがあらかたこんな感じです。当時小学生でしたがこの事は忘れません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる