ここから本文です

アンモニア合成法の一種、『カザレ-法』について質問です。 あるサイトなので...

アンモニア合成法の一種、『カザレ-法』について質問です。

あるサイトなのですが、 旭化成株式会社の発祥の地である宮崎県延岡市について記載しているのですが、その文章で、アンモニア合

成法の一種である『カザレ-法』という言葉が記載しているのですが、ここで質問です。
『カザレ-法』とは、従来のアンモニア合成法、『ハーバー・ボッシュ法』とはどう違うのでしょうか?
教えて下さい。

●『カザレー式アンモニア合成塔 九州ヘリテージ フィールドノート』↓
http://blog.kyushu-heritage.jp/?eid=338214

カザレ,アンモニア合成法,カザレー式アンモニア合成,宮崎県延岡市,旭化成株式会社,Fe2O3触媒,アルヴィン・ミタッシュら

閲覧数:
167
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2017/8/321:01:39

カザレ-法は圧力が750気圧と非常に高圧条件で合成を行う方法です。

(フリッツ・ハーバー、カール・ボッシュやアルヴィン・ミタッシュらが初期に開発に成功したハーバー・ボッシュ法の条件は、Fe2O3触媒を使用し、500~600℃、150気圧~200気圧とやや低めの圧力でアンモニア合成ができました。)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる