ここから本文です

悲運のマスクマンウルトラセブン。 本人の実力や努力も去ることながらセブンがブ...

ohh********さん

2017/7/2721:11:27

悲運のマスクマンウルトラセブン。
本人の実力や努力も去ることながらセブンがブレークしなかった原因のひとつに全日本プロレスの売り出しの悪さもあったと思うのです。
79年に新日本プロレス

にウルトラマンが初参戦した時は円谷プロ公認の元、特撮のウルトラマンがリングに上がってプロレスのウルトラマンと握手をするというコラボが実現しました。これもあって試合の方も本来なら実力差のある藤波辰爾と6回くらい試合してほぼ互角の内容でした。
82年にウルトラセブンが全日本初参戦した時は円谷プロの人が視察に来て、良いでしょうとネームの許可は取った物の本家本元主役である特撮のウルトラセブンが来る事はありませんでした。リング上でなくてもせめて読売ランドでのファンの集いで特撮とプロレスのWセブンのツーショットが実現していたら話題を呼んだと思うのです
。事実、この時高杉セブンは子ども達に大人気だったとプロレス誌に出ていました。
円谷公認のお墨付きをもらって特撮セブンと握手という事になればそうそう負けさすわけには行きません。少なくとも参戦三日目で若手の越中にタッグマッチでフォール負けなんて事にはならなかったと思うのです。
やはり当時の全日本はウルトラマンを呼んだ新日本ほど円谷プロにコネが無かった、
またはウルトラセブンをそこまでして売り出すつもりは無かったという事でしょうか
?マスカラス、ファンクス、2代目タイガーマスク、そしてウルトラセブン。
ああ見えて馬場さんは意外にミーハーな所があります。
1982年の全日本プロレス。特撮セブンとプロレスセブンのコラボはやはり困難だったのでしょうか?
回答よろしくお願いします。
う~ん森次、高杉。デュワ!!タ~!!

補足何か今思えば高杉セブンの扱いは円谷プロ巻き込んでタイガーマスクの対抗馬に育てようというよりも円谷黙認しているうちにそ~っとやってみようみたいな後ろめたさ満載感が漂っていましたね。プロレスの持つ胡散臭さといえばそれまでなのですが、もっと正々堂々と売り出せば良かったかなとも思うのです。
まあそれもこれもセブンに変身する本人の自覚(努力とセンスと実力)あっての物ではあるのだけど

閲覧数:
258
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tks********さん

2017/7/2721:56:16

そもそも、馬場って(特撮の)ウルトラセブンの事をどれだけ知ってたんですかね。
好きな番組が水戸黄門で、ドラマは時代劇くらいしか見なかったという馬場が「今、子供に何がウケているか」なんて積極的にリサーチしていたとはとても思えません。

馬場にしたら「ウルトラセブン? 子供に人気なの? じゃあやってみたら」くらいの感じだったんじゃないでしょうか。

だから、全日での扱いは「ヒーローウルトラセブン」ではなく、あくまで「元国際プロレスでメキシコ修行をした若手」という位置づけなのだと思います。

また、(数々のインタビューを見ると)全日本プロレス中継プロデューサーの原章さんはプライドが高く、「日本テレビが民放で一番格上だ」という意識が強い人と感じます。
実際、全日VS国際の対抗戦の際、TV放映についての話し合いで、
「原章さんは押しが強く格上意識丸出しで、美味しいところを全部持って行かれた」とテレ東のスタッフが苦笑まじりに述懐していましたね。

「ウルトラシリーズ」のバリューを了知しつつも、(TBS系列の)特撮セブンを担ぎ出してのコラボイベントまではやりたくなかったんじゃないでしょうかね。

そう考えると、円谷プロの人を招待して許可を得るところまでやってもらっただけでも上出来なのかもしれんですね。

まぁ、個人的には「後楽園ホールで高杉セブンに森次さんが激励の花束贈呈」くらいやってもいいのに、とは思いますけどね。

  • 質問者

    ohh********さん

    2017/7/2722:14:58

    高杉、森次のツーショットは見てみたかったですね。1回高杉さんが同郷の先輩森次さんに挨拶に行くという話があったようですが流れたと聞きました。
    俺もあの時は若かったからなあと高杉さんが言っていました。
    馬場さんはミーハーな上に面倒くさがりな面もあります。そんな馬場さんが円谷プロに許可を得てくれただけでも良しとしないといけないかなあ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/7/28 15:09:57

後楽園ホールで高杉セブンに森次さんが激励の花束贈呈
この一文にベストアンサーとさせてもらいます。高杉セブンがあの当時もう少し大人だったらと思いますね♪回答有難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

enf********さん

2017/7/2723:13:09

馬場さんのこと、特撮(アニメ)のヒーローとのコラボという発想は無かったんじゃないかと思います。

2代目タイガーマスクの企画を受けて、それにGOサイン出したことはありますけど、あれもあくまで初代タイガーマスクが「プロレスのリング上で人気を博した」からこそGOサインを出したんだと思います。
なので原作の漫画やアニメのタイガーマスクは馬場さんにとって、全然感心のないことなのかもしれません。
漫画・アニメの原作があることを馬場さんに伝えても「あ、そう? それが関係あるの?」で終わってるようなイメージさえありますw


プロレスにも子供(チビッコ)のファンがいることは、間違いなく馬場さんは意識していたはずです。
ミル・マスカラス、テリー・ファンクなどアイドル枠としてのレスラーを使っていましたから。
ただ、実際の2代目タイガーマスク、そして高杉セブンの扱いから考察すると…
特撮アニメとプロレス、両方のファンをまとめて惹きつける発想は馬場さんの頭に生まれなかったんだと思うんですね。
新日本はそのあたり(テレビ朝日の入れ知恵だろうけど)他ジャンルからのファンも抱き込む・引き込むことを意識していました。
けど、馬場さんはあくまでプロレスが至高であり、他ジャンルとのコラボに積極的な姿勢はタイガーやセブン以外でも結局、見せなかったと思うんです。

世界空手道連盟主催の梶原一騎追悼興行「'88格闘技の祭典」にこそ、タイガーマスク原作者の義理で協力こそしましたが、空手やキックボクシング、初代タイガーこと佐山聡のシューティングなど純・格闘技が揃う中で、あえてアブドーラ・ザ・ブッチャーを呼んで「純・プロレス」で勝負するあたり、馬場さんも相当、意地を張っていたんだと思います。
(新日本がプロレスのマッチメイクを同大会で提供していたとしても、格闘技の匂いを感じさせる人選にしていたでしょう)

馬場さんが亡くなる前に、日本テレビの関係者が、長年懇意にしている全日本との義理で、人気回復のための企画として当時、勢いのあった総合格闘技、K-1とのコラボ興行企画を馬場さんに提案した事があったそうです。
しかし、馬場さんは一切聞く耳を持たず「断る!」と拒絶したとか。
(これで日本テレビは馬場との関係も終わりか、と考えるようになったとか)
まぁ、これはこれで企画を立てた方にも問題あったと思いますけどw


円谷プロの関係者を全日本の会場に招待したことも、あれも日本テレビ側の働きかけですし、馬場さんは他ジャンルのことになると(特撮アニメだろうが他競技であろうが)歯牙にもかけないところがあったんでしょうね。

日本テレビ側が「チビッコ向けのアイドル路線」の必要性を馬場さんに推したとしても…
まずウルトラマンシリーズがTBS系列の特撮番組なので、高杉セブンを強く推せなかった事情はあったのかもしれません。
ではウルトラマンシリーズでなければそれでよかったのかというと…
日本テレビ系列での特撮番組は、バロム1とか円盤戦争バンキットとかありましたけど、1978年の「スターウルフ」でいったん途絶えており、1984年の「星雲仮面マシンマン」まで特撮番組が無かったんです。
マシンマンのあとはバイクロッサーが続いたけど、そこからまた数年ほど間が開いてるし…

アニメでは、1983年に放映開始された「キン肉マン」こそ人気がありましたけど、それ以前は「宇宙戦艦ヤマト」や「宇宙空母ブルーノア」のような西崎義展作品。
「鉄腕アトム」や「太陽の使者 鉄人28号」、「六神合体ゴッドマーズ」のようなロボットもの。
「あしたのジョー」なんかボクシング作品じゃーいw
タイガーマスクの最初のアニメは日本テレビ系列だったんだけど、高杉セブン登場した当時は新日本でタイガーマスクの人気爆発中w
なので、全日本プロレスのリングに上げられそうなヒーローの作品は皆無だったりするw

結局、シリーズ作品的な意味で、日本全国で知名度の高いウルトラマンシリーズから高杉が「ウルトラセブン」をチョイスしたのは、ある意味、最善の選択だったのかもしれません。
ただ、高杉が国際崩壊後に身を寄せた先が全日本プロレスだった時点で、一定以上の成功が見込めない環境だった、と言うより他にないのでしょうね。
そもそも、高杉が全日本に入団したのは、東京スポーツの山田隆氏が「馬場さん。メキシコに活きのいい元国際の若手がいるから獲った方がいいよ」というススメからでしたし… なので高杉がウルトラセブンのアイデア持ち込んだことにも馬場さんは関心を持ってなかったんだと思います。


国際が崩壊していなかったらば、東京12チャンネルでの中継が続いていれば…
特撮ヒーローとのコラボなら、スパイダーマンとかコセイドンとかレッドタイガーとかアイゼンボーグとか(マーシャルボーグじゃないよw)、それこそ、よりどりみどりだっただろうに…ッ!!!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

猫目小僧さん

2017/7/2721:49:57

実は新春かくし芸大会に登場した時彼は覆面の上にリボンをつける等洒落っ気もありました。遊び心を全開に出来ていたらまた違った景色もあったかも。
一番は当時ウルトラマン80とか円谷シリーズで放映されていた頃でしたから、あれがTBS系で無かったら別の展開もあったかも、ですね。
究極は新日本のキン肉マンが放送局の違いでとん挫した時、彼がキン肉マンで全日本でデビューしていれば良かったかも!?と思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる