ここから本文です

減価償却とは、簡単に言うとどんな説明になりますか?教えてください。

w_u********さん

2008/7/1221:58:52

減価償却とは、簡単に言うとどんな説明になりますか?教えてください。

閲覧数:
14,804
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuh********さん

編集あり2008/7/1302:06:48

500万円の機械で、5年は持つよ、という話で買った。毎年の決算で、売上から費用をひいて、利益をだす。500万円を、毎年100万円で費用に計算する事。5年もつから、500/5= 100万円。
機械は、5年間一定の生産能力あるからね。買った時に、全額費用にしてしまうと、機械の5年もつ事が、決算書に反映されないね。
こういう考え方ですけど、会計と税法が細かいから、それを混ぜ話すと難題になる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「減価償却とは 簡単に説明」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

do_********さん

編集あり2008/7/1915:25:30

20歳の美女が年数を重ねる毎にどんどん老けていって
最終的に80歳の老婆になる。

tig********さん

2008/7/1310:22:19

資産の取得金額を、その使用可能期間に応じて按分して費用化することかな。

v_m********さん

2008/7/1223:14:11

えーと
簡単にするために、購入日とか決算日とか
残存価値とかは全部無視した簡略説明です。

金額もありえない金額で仮定します

1.今年700万円の営業車両を購入した
2.この金額700万をすべて経費にできるのか?
3.答えはできない
4.なぜなら。この車は数年間は使用できる。
(1年間で消えるものではないので)

5であるならば、今年だけではなく、来年以降も平均して
経費にしたほうが、合理的
6.期間は法的に、車両は7年間で償却することになる
7.つまり。700万で購入しても1年間で100万経費にすることができる
6.購入した年は700-100=600万 この600万は車両価値として
会社資産となる(つまり現金と同じような扱い)

※この毎年100万の経費処理を行うことを、減価償却といい
その資産の価値を、償却(なくす)処理です。

※減価償却は税法で期間が決定されています。
これは、税金の計算を行うためのものです。
ですが、企業によっては、税金の計算とは別に
減価償却を行っている場合があります。
通常は、二回計算する意味が少ないので
税法上の減価償却計算のみを行う場合が多いです。

※期間で状況が変わった場合
3年経過後、車両売却、または、事故で廃車になった場合。
①売却の場合、車両価値は400万ですので
400万以下で売れた場合は、売却損失が発生します(経費)
400万以上で売れた場合は、売却益が発生します。(利益)
②事故廃車
資産が価値がなくなぅったので、除却損失(経費)が発生します。
ただし、保険収入等があれば、別に利益計上

mac********さん

2008/7/1222:27:33

簡単に言うと、購入した備品から「毎年使った分だけの価値を減らす」ということです。

例えば、新しく5万の備品を購入したとします。

どれだけ使用しても最終的に残る価値(使われている材料の価値等)があります。

上記価値を購入した時の価格からマイナスし、残った価格からその備品の寿命年数で割り、年割りで毎年価値を減らしていくっていう感じですよね。

ken********さん

2008/7/1222:01:28

企業会計に関する購入費用の認識と計算の方法のひとつである。 wikipedia ですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる