ここから本文です

今日、JR東海がTOICAの利用エリアを2019年春に拡大すると発表しました。 htt...

ちんちん臭いさん

2017/7/2905:52:51

今日、JR東海がTOICAの利用エリアを2019年春に拡大すると発表しました。

http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000034520.pdf

やはり今回も、他社と隣接するエリア(醒ケ井~米

原等)は対象となりませんでしたが、こういうところは何とかならないものなのでしょうか?

閲覧数:
256
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

myg********さん

編集あり2017/7/2909:26:50

技術的にはなんとかできるんですが、プログラム改修とメンテナンスのコストがかかるので、決断が難しいんです。
実際にエリア超えを行うのはごく短い区間でも、プログラムは互いのエリアの全ての駅に対して組まなければなりません。
駅が多いSuica首都圏エリアとPASMOエリアでそうなっているのは、利便性を高めることで発行枚数が増え、デポジットががっぽり入ってきて、それを元に運用できるから。

まあ、次世代システムを待ちましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mid********さん

2017/7/2912:00:49

何ともならないと感じます。

それよりも、横浜方面志向の強い上大井、相模金子、下曽我の3駅にエリアが拡大したこと(この3駅は静岡方面のTOICAより平塚方面のSuicaを利用可能にした方が望ましいと感じる)と、豊橋駅や豊川駅の有人改札で無人駅からの精算客が滞留して出札が遅延しているにも関わらず、飯田線の豊川以東(最低でも三河一宮、新城、東新町の3駅で利用可能にする)にエリアが拡大しなかったことが利用者不在と感じます。

hab********さん

2017/7/2909:23:56

運賃計算のプログラムが莫大なので、改修には結構コストがかかります。函南~熱海と同様、会社境界駅ぎりぎりで切ってしまうのも致し方ありません。
今回の拡大でPASMOエリアである小田急の新松田と間接的に繋がることになり、新松田まで小田急経由であれば、東名間をSuica・PASMOだけで移動することが可能になります。あさぎりの小田急~御殿場線またがりは、JR~東武直通特急と同様、磁気券での対応になるものと思われます。

mat********さん

2017/7/2907:03:36

やはり、相互乗り入れの拡大が必要でしょう。JR他社でも使用出来る様にすべきですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる