ここから本文です

第二次世界大戦時の各国で使用していた艦艇用魚雷1発(日本は93式酸素魚雷の61セン...

kyo********さん

2017/7/3019:45:43

第二次世界大戦時の各国で使用していた艦艇用魚雷1発(日本は93式酸素魚雷の61センチ)の値段と一番大きい戦艦の砲弾(徹甲弾)1発(日本は大和、

武蔵の46センチ)の値段の価格差はどれぐらいだったのですか?

閲覧数:
178
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zez********さん

2017/7/3111:39:08

大和型戦艦の資料は敗戦後直ぐに焼かれてしまったため、なかなか判らないことはたくさんあります。46センチ砲弾の価格もそのひとつですが、前級である長門型の40センチ砲弾が一発1000円程度だったと言いますからまぁそこらへんから類推して下さい。
一方、魚雷の方は人口に膾炙するレベルで伝わっています。かの有名なキスカ撤退作戦において、霧の中の島影を敵艦と見誤って雷撃してしまった軽巡「阿武隈」の水雷長が詠んだ狂歌が「一番が敵だ敵だとわめきたて あっと撃ち出す二十万円」。魚雷四発二十万円、一発五万円…ってのが前提になってる狂歌ですね。

ま、そんなわけで、戦艦の一斉射撃で一発あたるのとと魚雷一発の命中はほぼ等価等価値と考えられており、それだけの打撃を中小艦艇でも与えられる魚雷に日本海軍はやたらと多くのことを期待したわけです。

質問した人からのコメント

2017/8/2 03:43:01

詳しく答えてくれてありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tam********さん

2017/8/109:56:06

魚雷は爆弾のおよそ百倍の値段だってそうです。南太平洋海戦で
着艦前に投棄しなけらばならない魚雷を抱いたまま帰還した攻撃
機の乗員が、整備兵から大変感謝されたそうです・・・(^^)/


あんた、偉いわね・・・

魚雷は爆弾のおよそ百倍の値段だってそうです。南太平洋海戦で...

iko********さん

2017/7/3019:52:42

酸素魚雷は他国の3倍と聞いた
具体的値段は知らん

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる