ここから本文です

温室の床にレンガを敷こうとしています。 レンガも購入し、下地の砂を平らになら...

brn********さん

2017/7/3114:09:25

温室の床にレンガを敷こうとしています。
レンガも購入し、下地の砂を平らにならしているところでふと疑問に思ったので質問させてください。
床に砂をぴっちり敷いてからレンガを並べようとす

るとせっかく平らにした砂地に足跡がつきますよね?

温室内の奥の方から砂を少しずつ敷いてレンガも少しずつ並べて、と繰り返したらいいのでしょうか?
それとも室内にぴっちり砂を敷いてから、上にベニヤ板などをそっと乗せて足場にしたらいいのでしょうか?
それとも別の方法があるのでしょうか?

無知で申し訳ないのですが回答よろしくお願いします。

閲覧数:
121
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nat********さん

2017/7/3115:41:26

砂を敷いただけで並べればすぐに下がってしまいます。
地盤をしっかりと固めてその上に砂を3センチ程度敷き均し
手前からレンガを並べるのです。
最後にゴムの転圧プレートで締め固めるのです。
ところがこの転圧プレートはリース会社にはありません。
買い取ると30万程します。
結局薬局放送局で素人が並べたものはすぐにガタついて凸凹になるということです。

それを少しでも避けるためには砂の代わりにバサモルタルを使うのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tin********さん

2017/7/3115:14:26

作業手順

1)敷き詰める4隅のレベルを出す。
水糸を長て方向のみの左右に張り仕上がりレンガ面レベルとする。

2)砂を敷きレンガ厚を考慮して木こて等で平たく叩き慣らしながらレンガを積みながら短手方向の左右は定木でレベルの糸と合わせながら長手方向に下がりながら砂のレベルも確認して調整しながら積み下がっていく。

砂レベルの転圧慣らし具合とレンガのたたき具合もある程度の強さで修めると後の凸凹がが少なくて済みます。

水糸レベルをレンガで持ち上げる事が起こるので目視できる1mmほど糸より下をレベルと認識されたが良いです。

水糸レベルは距離が長いと真ん中で糸の重みでたれますので、隅のほうで2~3mm下がる状態から始めるとよろしいと思います。本職は真ん中を2~3mm高めに仮積みして固定して行います。

色々な観点から仕上がりレンガ面は平より中高のかまぼこ状が良く見えます。

仕事は急がずレンガの割り振りやレベルなどの遣り方など基本をしっかり決めれば本工事も上手くいくものです。

工事は規模と言うものが大事です。レンガを積む場の長さや幅と形などは表示されたが良いですね!

t_w********さん

2017/7/3114:15:06

四隅の砂を少し盛り上げて、砂を軽く木コテで圧し潰しながら、1m程の木で平らに均す。奥からレンガを積む部分を、同じ様にコテで砂を押し潰してから木で均し、レンガを並べていく。砂を敷いただけでは、柔らかくてでこぼこに下がります

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる