ここから本文です

登山の時に登りは順調なのに、下りで膝の裏の筋が痛くて足がつけない位になること...

igu********さん

2017/8/308:27:01

登山の時に登りは順調なのに、下りで膝の裏の筋が痛くて足がつけない位になることがあります。翌日にはほぼ痛みも和らぐのですが、劇痛なので何か疾患があるのか不安です。原因や対処が分かる方宜しくお願い致します

補足膝の皿の周りや丁度裏側といった感覚です。

閲覧数:
359
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kit********さん

2017/8/311:09:17

下山の際、歩幅が大きく、足の着地もドスン・ドスンと
いった具合の脚運びだと膝痛の原因になります。
(下山は体重の7倍が膝にのしかかる)
小幅厳守のゆっくりしたペースで、膝のクッションを利かせ
前足を出しても後足に体重を残すように下山すれば楽です。
後は、日頃から太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えておくのも
重要です。
誰でも「行きは良い良い帰りは恐い」です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる