ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜7件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

清明道苑さん

2017/8/511:49:54

大衆食堂と中華料理店は、全く別のものですよ。
大衆食堂というのは、
メニューが定食・かつ丼・天丼・カレー・うどん等で、
店によってはラーメン(和風)も出す所がありますが、
これは昭和20~30年代からそうでした。
一方中華料理店というのは、
中華料理というジャンルを修業した調理人でないと、
出せないメニューばかりです。
ラーメン各種・炒飯・餃子・肉野菜炒め・焼きそば・ワンタン等。
調理器具や設備からして、和食店とは異なります。

「町の中華料理店のことを大衆食堂という」のは、
間違いです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

一八さん

2017/8/511:49:29

//大衆食堂というのは町の中華料理店のことを指す日本語だそうです
その情報源は何ですか?

私は、昔から「うどんそば丼もの一式・お食事/お酒ビール」が大衆食堂という認識です。
そのメニューの中には「中華そば」とか「焼きめし」「天津飯」など、中華料理なんだか中華風和食なんだかわからないものもありますが、特に「大衆食堂」が中華料理屋を指したことはないと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる