ここから本文です

ネギ栽培に詳しい方にお聞きします。

nor********さん

2017/8/1115:06:22

ネギ栽培に詳しい方にお聞きします。

青ネギを水耕栽培しているのですが生育後期、収穫できるようになる辺りから急に株元が褐色になり、またラッキョの様に膨らむものも見られ始め葉鞘部はスカスカになりました。

当初、フザリウムによる萎凋病かと思われたのですが検査の結果はピシウム菌による根腐れ病と言われました。

ピシウム菌でこの様になるのでしょうか?
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、詳細と対策を教えてください。
宜しくお願い致します。

閲覧数:
156
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2017/8/1117:55:45

水耕葱の最大の懸念される病気の一つです。
この病気はピシウム菌(卵胞子を作ら無いタイプ)でべん毛を持った
遊走子が放出され水の中で増える水媒介性の病気です。
罹病した草体は根、や茎に侵入し枯れて終います。
対策としては栽培容器の消毒(次亜塩素酸カルシウム)等
オゾン水の利用、pHを4.0~4.5位にする
菌の増殖温度は30℃前後で多い等多々有ります。
病気の発生はトマト、キュウリ、法蓮草、アブラナ科野菜等種々が
罹ります。
詳しくはネギ水栽培とピシウム菌で検索すると見られます。

質問した人からのコメント

2017/8/18 13:36:14

回答有難う御座います。
お陰様で、とても勉強になり助かりました!
本当に有難う御座いました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる