ここから本文です

なぜダウンブローが理想のスイングと言われるのですか?

airking06さん

2017/8/1119:10:41

なぜダウンブローが理想のスイングと言われるのですか?

ネットなんかではダウンブローに打つための方法は書いてありますが、ダウンブローになるスイング理論(理由)が書いてあることはあまりなく、意味が分かりません。
アドレス時点ではボールの後ろにクラブのソールが地面に着いてるのが一般的かと思いますが、そこからインパクト後はボールの前に最下点が来るというのは、アドレス時点ではY時に構えており、インパクト後は腕とシャフトが一直線になるため、左肩がアドレスの場所に戻った時には、肩を中心としたクラブヘッドまでの半径が伸びるからですか?
併せて、下半身を回すことで、アドレスでのポジションからは若干左に身体が全体的に移動する?からですか?(スエーはしてないという前提で)

というか、ハンドファーストに打つことで、自動的にダウンブローになるということですか?
一般の人がターフを取れていないということは、ハンドファーストで打てていないということですか?

理屈が理解出来ないとやってても全然上手くならない気がして。

色々書きましたが、ダウンブローになるメカニズムを教えていただけたらと思います。

閲覧数:
556
回答数:
19

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sumomo6677さん

2017/8/1713:09:34

理屈は。。。
芯に当てなきゃ、きちんと飛ばない。
芯に当てるには、ダウンブローで捉えるのが一番都合が良い。
と言う簡単なもんだよ(w
個人的には、ダウンブローってのは打ち方だと思わない方が良いと思うぞ。
条件として、ヘッドが上から下に移動している状態で球を捕らえる。
且つ、その後ヘッドが地面に刺さらず、きちんと抜ける。
それだけだと思っときゃで良い。
で、そうする事で何故芯に当りやすいか?
それは、芯(=重心と思って良い)はフェースの表面には無いから。
ヘッドには厚みがあり。
重心はヘッドの内部にある。
ヘッドの軌道上に、ヘッドとボールの重心が重なる状態がナイスショット。
アッパー軌道だと、ティーアップしてないと、そうは当たらないと言う事になる。
逆にダウンの軌道だと、当たりやすい事になる。
最近の初心者向けクラブは、レベルで良いと言うのは、ヘッドの重心が、球の重心より低い(若しくは同じ程度)から。
で、この説明で理解できない場合は、多分文章での理解は出来ないから、ネットで頑張って図解入りの説明を検索する事(w
因みに、Y字アドレスは、無知で下手の証拠だよ(w
ちゃんと習った方が良い。

  • sumomo6677さん

    2017/08/1713:22:27

    正しいと書いてる奴も居るから、ついでに追記しとくと、かなり間違ってるよ(w
    ハンドファーストと言うのは、ヘッドよりも前に手がある状態の事。
    アドレスでその状態(インパクトの形)を作るのが基本。
    実際のインパクト時は、その状態よりも僅かに手が前にあるようだけどね。
    スイング中、手が前に有る状態でヘッドが球に当るとした場合、そのヘッドはその直後どの方向に向かう?
    スイングは円運動であり、ヘッドは手を追い越す訳だから、必ず球に当った以降にヘッドは最下点を迎えると言う事になる。
    結果、球の有った場所より先のターフが削れる事になる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/18件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/1720:24:00

そうですね。

ここで説明できれば、あなたはすでに理解しているはずです。

ボールより頭が後ろにあって、スイング軸がしっかりしていれば、

人間には関節があるので、すこし、楕円になるので、

勝手にダウンブローになります。

と言うか、上手くなれば勝手にターフは取れます。

それ以外安定しないんですなぜか、、、、

でも、究極を言えば、もしも、100パーセントの確率で

打てるのであれば、スイープに打った方が良いですよね。

ロボットみたいに、、、

でも、人には無理です。

downdeupさん

2017/8/1717:56:09

>なぜダウンブローが理想のスイングと言われるのですか

トップもダフリも原因は同じ、と言う事を聞いたことは有りませんか?
ボールの手前が最下点で、ボールをヒットするとダフりトップに成るか
所謂すくい打ち、アッパーブロー、になる事が多いでしょう。
でも、最下点がボールの先(目標側、ダウンブロー)でヒットすれば、
リ ーディングエッジがボールの赤道にインパクトしてもボールは上がる
のです。
理屈やメカニズムとは方法の事ですか?一般的な理屈ならPCでいくら
でも検索できるでしょう。理屈は知っていてもいダウンブローに打てる
人は少ない。
個人的な方法でよかったら一度試してください。スイングイメージは
その人の物で、そのイメージが万人に合うわけではない。
ダウンスイングでコックを解かずに腕を胸元に引きつけるように振り抜
くだけです。腕はアドレスの位置(胸元)に戻っても肩は開かずにまだ
シャフトは水平で目標と平行。
その後、胸元で左腕にブレーキが掛り、逆シナリでヘッドが走るのです。
クラブに意識は持ちません、それは自然にクラブヘッドがダウンブロー
のスイングプレーンに乗るからです。

ryousei0721さん

2017/8/1712:40:02

ダウンブローを基本のスイングが出来ていない状態で意識するとおかしくなる事が多いです。
最低条件としてフックが打てる人(インサイドから下ろせる人)、インパクトまでリリースを遅らせる事が出来る人でないとダウンブローとは言えません。
それが出来る人って一般アマチュアでは1握りです。

それ以外の人はなんちゃってダウンブロー、ただボールの先のターフを取る打ち方を独自に編み出してるだけです。
ですので取れないのが普通だと思って下さい。

ただレッスン方法としてダウンブローを意識させる事によって理想の軌道を習得させるやり方もあります。
これは合う合わないがあるので、意識させてみて無理そうなら別の方法に移行するので万能薬ではありません。
冒頭で書いた通り毒にもなりうると言う事です。

メカニズムは貴方が理解してる通りで間違ってませんが、基本が出来てれば出来るという単純なものなので理論もクソも無いという事になります。

如何に基本が疎かになってるゴルファーが多いのかという事と、自己流で基本を習得するのが如何に困難かという事を物語っているに過ぎません。

golf4jikuさん

2017/8/1711:15:44

スイング時に類放物線を描くクラブヘッド(青□)とボール(○)の相互関係を単純化すれば提示図のようになります

ヘッドの運動ベクトル成分を(x,y)で表示すれば・・・第一象限では(←、↓)第二象限では(←、↑)となりますから、ヘッドの運動ベクトルのy成分は最下点を境に反転します
↓↓
ヘッドのボールに対する仕事様式はボール(赤○)が第一象限内にあれば単純ですが、ボール(黒○)が象限を跨ぐと(yベクトルが反転するため)極端に複雑になります
↓↓
安定性・再現性が重要なゴルフスイングではボールを第一象限で処理することが望ましい(≒現象的には所謂ダウンブロー)って事なんですネ(^^)


アドレスの静止状態のはんどふぁーすと・がど~のこ~の等、ADの一部現象を切り取る議論はホントは片手落ち、運動時のメカニズムを踏まえた議論にしないと役に立たんでしょ~ネ・・・で、lookback1940さんに一票!

スイング時に類放物線を描くクラブヘッド(青□)とボール(○)の相互関係を単純化すれば提示図のようになります...

プロフィール画像

カテゴリマスター

kai_to2013さん

2017/8/1709:13:47

書かれていることほとんど合っていると思いますよ^^

基本的にゴルフはアドレス時とまったく同じところに戻ってくるものってほとんどないです。

下半身はアドレスより回転してますし、あえて戻ってくるとしたらグリップの位置くらいですかね。
これもなかなか同じ位置ってわけにはいかないです。

ハンドファーストでダウンブローに何故打つのかっていうと、そのほうが簡単だからです。

球の真下にドンビシャで綺麗にクラブを入れるよりも、ハンドファースト、ダウンブローで打てば、球だけに綺麗にコンタクトできます。
ようはゴルフが簡単になるから^^;

手が前にいってヘッドが遅れてくるのでダウンブロー。
最下点が球より左になるというだけです。

ハンドファーストで間違えられやすいのはグリップエンドが先行しているのをハンドファーストと思われることです。

これはただフェイスが開いているだけです。

フェイスは閉じた形でハンドファーストです。

なんか文字にすると分かりにくいですね^^;

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。