ここから本文です

スイングチェックお願いします。

アバター

ID非公開さん

2017/8/1320:57:27

スイングチェックお願いします。

ゴルフ歴半年、アベレージ90台前半の者です。

様々な悩みがありますが、アーリーリリースが特に悩みです。


他に気になる点もありましたらご教授頂けると幸いです。


https://www.dropbox.com/s/3cpok40jpru1lky/MOV_0290_000.mp4?dl=0

補足アドバイスありがとうございます。

後方からのスイングもアップしましたのでご指摘等ありましたら宜しくお願いします。

https://www.dropbox.com/s/90omz7fvsjbuuqg/MOV_0286_000.mp4?dl=0

閲覧数:
433
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/8/1810:28:55

スイングを見てスコアを想像できるほどゴルフは単純ではない。
ゴルフをやっている間は、それぞれのレベルで(例えプロでも)
悩みは付いて回るもの。
今、貴方の悩みは取り敢えずアーリーリリース。
右サイドで早もコックは解けてしまっている(半年では致し方ない)
取り敢えずグリップエンドを右腰にぶっつけるイメージのスイングで。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/1720:51:17

どこを目指すかによりますよね。

楽しく回れる80前半ならこのままで十分。

本気モード、苦しい70前半なら、全てやり直し。

コーチ付けてやらないと取り返しがつかない。

アーリーリリースそうですね。

無理やり直すと良いとこがなくなっちゃうかも

コーチに相談ですね。

絶対にコーチに教えてもらうことお勧めいたします。

gsan5050さん

2017/8/1716:53:22

半年でそのスイングと90台はセンス有りですね^^

テークバックからダウンにかけて身体が揺れていますので
もう少し体の軸をイメージされたほうが良いかと思われます。

また腰の捻転・上体の捻転が少ないようにも見えます。

練習に励めば80台前半も楽に出る素質はあると見えますよー

がんばって~

kai_to2013さん

2017/8/1709:03:07

90前半になってしまっているのは、スイングのせいではないようです^^;

恐らくアプローチ、パターが原因です。

あとはドライバーでの大ミスですかね・・・

アーリーリリースに関しては、インパクトのときに体が伸びあがり、左肩が浮いた状態になるので、リリースをしないと球にあたらない状態になっています。

ですので、反射的にためをほどいて球にヘッドがあたることを優先しています。

これはいくらい意識をしてリリースを維持しようとしても左肩が球から離れる動きが入ると、勝手にリリースを解除します。

また左肩があがるとリリースはほどけやすいですしね^^;

ですのでまずは左肩があがるくせをなおすべきですね。


左肩があがるのをどうやってなおすかっていうことになりますが、テイクバックで右に体重移動しているのはまだいいのですが、そのあとトップ付近で、肩の動きがとまり、腕で担ぎ上げるようになっています。

腕で担ぎ上げるので、せっかく右にのった体重が左に流れます。

そのまま今度はダウンスイングになるので、その反動でまた体重が右に移動します。
そのとき右にいく反動で右肩がさがります。

右が下がるので必然的に左があがります。

これが現状です。

肩が浅い。
腕で担ぎあげる。
軸が左右にゆれる。

このあたりが改善されると左肩がしゃくりあげる動きもなおります。

肩の動きをどうこうというのではなく、なぜそういう肩の動きになってしまったのかという原因をなおさないとなおりません。

ちょっと時間かかりますよ?^^;

がんばってください!

ewzxoさん

2017/8/1611:42:15

下半身のリード(含む重心移動)がありません。
腕と一緒に移動しています。
そのためにハンドファーストになっていません。
またインパクトで右肘が伸びています。
現状は手打ちです。
下半身のリードは動かす事でなく下半身(体)から打ちに行くことです。
インパクト前に下半身のリードは終わっていて右肘が少し曲がりハンドファーストでインパクトを迎えダウンブローのスイングになります。

ryousei0721さん

2017/8/1608:21:52

かなりハイレベルな修正ポイントなのでプロに見てもらう事をおすすめしますが、アドバイスするなら始動時のかなり早い段階でクラブを引き込み過ぎです。

グリップが腰の位置に上がってきた時点でヘッドが手元を追い越しています。
ダウンでは逆の動きをしますので、そこがリリースポイントになりやすい為それがすべての原因だと思ってください。

左腕とクラブは一直線に上げる意識と、クラブヘッドが飛球線より外側を通って上がるようにする事。

前者は剣道の面打ちのイメージを持って手元の動きをできる限り抑え、肩の動きのみでクラブをあげれるようになれば比較的簡単に練習場では修正できると思いますが、後者は慣れるまでかなり気持ちの悪い動きですので一人で習得するのは困難です。

飛球線後方にヘッドカバーを置いて、その外側をヘッドが通過するように上げていきますが、手元がかなり体から離れていきますので前者のイメージを保ちつつ行うことは難しいです。
頭でわかっていても体が反応しない動きになりますので指導者に見てもらう必要があります。

レイトヒッティング、ダウンブローと一言にいってもいろんな打ち方がありますが、あなたのスイングはかなり高レベルになりますのでその辺の片手シングルレベルでは治せません。
逆に変な処方箋もらってスイングを崩しかねないのでプロに見てもらうことを強くお勧めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。