ここから本文です

アニメ映画「この世界の片隅に」のエンディングで左足が木の義足の男性と模型の船...

dor********さん

2017/8/1510:47:41

アニメ映画「この世界の片隅に」のエンディングで左足が木の義足の男性と模型の船で小学生位の男の子が遊んでいる絵が出てきますが、この二人は誰ですか?

閲覧数:
3,582
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ray********さん

編集あり2017/8/1521:31:16

エンドロールに登場する2人は、下関へ跡取りとして行った晴美の兄・黒村久夫と、黒村家の「おじいさん」です。

おじいさんの片足が義足なのは、日清戦争の傷痍軍人だからだとされています。
(なお、この人物が久夫の祖父か曽祖父かは明らかにされていませんが、監督の片渕須直は「70代以上なので、曽祖父世代かもしれない」という内容の発言をしています。)

なお、映画本編に2人は登場しませんが、原作コミックではイロハかるたの絵札として登場しています。(原作第23話。写真参照。)

また、久夫は姿こそ現さないものの、晴美が国民学校へ入学する際に教科書を送るなど、話のキーパーソンとなったこともあります。
(原作第27話。映画ではこの話はカットされています。)

エンドロールに登場する2人は、下関へ跡取りとして行った晴美の兄・黒村久夫と、黒村家の「おじいさん」です。...

質問した人からのコメント

2017/8/16 17:12:26

ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる