ここから本文です

結局、部分痩せってできるんですか?

アバター

ID非公開さん

2017/8/1701:46:23

結局、部分痩せってできるんですか?

閲覧数:
167
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/8/1707:35:52

出来ません。

部分的に筋肉を太くすることは出来ます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/8/1713:24:53

    ありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s20110201さん

2017/8/1801:07:31

大分以前の回答ですが部分痩せの可能性を説く回答者に科学的根拠を基に反論したことがありますので参考までに御覧ください。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141082308...

現時点で部分痩せ実現を裏付ける科学的な証拠は不十分です。それは即ち、ある特定の手法によって可能だという主張/手法は、第三者において再現される可能性は低いということです。

以上が私の認識であって、部分痩せをばっさりと否定することは公益的な姿勢だと思います。しかし可能性が低いというだけでその可能性が完全に否定されているわけではありません。

上記URLの批判対象者の推論は『運動時にはその対象筋付近の脂肪分解が亢進するから部分痩せが可能である』という論理です。

運動時に部分痩せならぬ部分脂肪分解が起こることは証拠に裏付けられています(Stallknecht B et al 2007)。しかし、私は参考回答群でその部分的脂肪分解が結果的に部分痩せを起こさなかった証拠を挙げていますが、批判対象者は結果的に部分痩せが起こった証拠を示していません。ですから批判対象者の当時の主張は根拠の乏しい持論、推論に過ぎません。

しかし最近その主張を裏付けるかもしれない論文が発表されました。

Scotto di Palumbo A et al.Effect of combined resistance and endurance exercise training on regional fat loss.J Sports Med Phys Fitness. 2017 Jun
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28497942

16人の運動習慣の乏しい女性(BMI 27.5)を2群に分け、上半身の筋トレ+下半身の有酸素運動(UpBdResist)と下半身の筋トレ+上半身の有酸素運動(LwBdResist)をそれぞれに実施させたところ、部分痩せが確認されたという内容です。期間はフルテキストだと12週とありますね。

面白い結果だと思いますし今後の研究にも関心が持てますが、その関心は冒頭の私の現時点での認識を覆すわけではありません。

筋トレは上半身、下半身それぞれ5種目、強度は60%1RMで10reps*3sets、インターバル30秒でサーキットトレーニング形式かな?有酸素運動は50%VO2maxで30分です。これを週に3回です。

食事の関しては摂取カロリーは両群に有意差はありませんが、試験中の摂取量と体重の変動に関して少し疑問が残ります。

脂肪量の変化ですがDEXA測定では全身や体幹で有意差ありませんが、UpBdResistで上肢が、LwBdResistで下肢が有意に減少しています。

有意なんですが…
UBRの上肢は-0.4kg±0.3 下肢は-0.3kg±0.9
LBRの上肢は-0.1kg±0.1 下肢は-1.3kg±0.9

また全身は統計的有意ではありませんが、LBRの方が僅かに多く痩せていることも誤差を加味すると疑問が残ります。仮にこの手法によってLBRで部分痩せが起こったとして、UBRは果たして同様の手法で部分痩せが起きたといえるでしょうか。未配慮の因子があるように感じます。

測定にはキャリパー式の皮下厚測定も含まれているんですが、キャリパーは測定精度に問題がないわけではありません。MRIとか使えなかったんでしょうか。

UBRの上腕裏は-2.9mm±2.6 太ももは-1.3mm±0.5
LBRの上腕裏は-1.4mm±0.5 太ももは-2.7mm±1.2

※データをみてるとエラーバーでかすぎない?なんて素人ながらに思ってしまうのですが、これ統計詳しい人みたらどう思うんでしょうか。

それぞれ1.5mm程度の部分痩せが起こったと言えますが、自身の脂肪を1mm少し余計に摘むとそれが本研究の示す範疇の体感的な部分痩せです。

下肢の筋量が最も多く増えているんですが、これって筋肥大による内圧の変化が皮下厚測定に影響しているなんてことも考えられないでしょうか。下肢の筋収支、女性の脂肪分布(及びその酸化)の特質なんかが個人的に気になっている点です。

他にも運動習慣のある女性は?体重が標準以下なら?負のエネルギー収支なら?欠損量との相関は?より長期なら?性差は?などデータが不足しています。

以上より、結局のところと問われたら、こういった研究により可能性は僅かに高まったかもしれないが依然として低いと言わざるえません。

2017/8/1712:24:39

できない、無理。痩せるときは、顔からつま先まで綺麗にまんべんなく全部
小さくなる

ayukawa25212さん

2017/8/1711:59:56

超難しいです、体を部分的に集中的に鍛えれば
その部分のぜい肉は多少は落ちますが、
ほかの部分のぜい肉も落ちますから…

ある場所だけ狙う、痩せはあり得ませんね

2017/8/1702:10:15

普通に痩せることさえできない人が、難易度の高い(そもそも可能かどうかすら怪しい)部分痩せに取り組むなんて、どうかしてる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kidouruiさん

2017/8/1701:47:57

出来ない、一般がやる程度では無理
出来るとか言ってる人はそれなりにやっている人かでたらめに言ってるやつだけ。

部分痩せって普通に痩せることより大変だからね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。