ここから本文です

新作できたで~ ラブストーリーやで~ 《駄目トレーダーの恋①》 とある町...

rei********さん

2017/8/1821:21:46

新作できたで~

ラブストーリーやで~

《駄目トレーダーの恋①》

とある町に内藤尊具という独身中年男が暮らしておりました。
彼は俗にいうニートでして、おまけにハゲでデブでバカした。

深夜にコンビニに通う癖があり、外出着はいつもミドリのジャージと決まっていたのでコンビニの店員からはミドリのオッサンと呼ばれていました。
ポテトチップスとコーラを買ってエロ雑誌を立ち読みするのが彼の日課でした。

彼の暮らしは自堕落なもので、食べたいときに食べたいものを食べ、見たいときに見たいテレビを見る、正にそんな感じでした。
彼が40歳近くにもなって、何故ニートでいるのかといえば、理由はよくわかりませんが、ただ想像するに、どんな会社でも、醜い上、不気味で、頭も性格も悪い、すぐに切れるような奴を雇うのはゴメンだったのでしょう。

最近は奇声も発するため、外を歩くと警察官に職務質問されるまでなってしまいました。
職務質問されたとき、彼は決まって『私はデイトレーダーだ』と言うのですが、最近はバーチャルトレードしかしていませんでした。
バーチャルトレードとは本物のお金のやり取りがない架空のトレードの事です。
昔はリアルでやっていたのですが、両親から資金が止められているのです。

内藤尊具の家庭はごく一般的な中流家庭でした。
父親は地元の中堅企業で働き、母親は専業主婦でした。
両親は、引きこもりの息子にもできる仕事はないものかと、ずっと探しておりました。

バカな息子には、まともな会社勤めはできない、だからといって、小説家や漫画家になれるような才能もない。
このままでは、尊具は結婚もできないと、彼の両親は尊具の事が心配でなりませんでした。
ある日のこと、父親が何気なく見た雑誌に、デイトレーダーが特集されてました。
デイトレーダーなら自宅で引きこもっている尊具にもできるかもしれない。
そう考えた両親は息子に株や為替のデイトレーダーになることを奨めました。

両親は尊具に証券口座を作ってやり、新しいPC を買い与え、もしかしたら息子の才能が花開くのではないかと期待しました・・・しかし結果は散々でした。

両親が出資した資金は見る見るうちに尊具のアホトレードのため溶けていき、1ヶ月ですっかりなくなってしまいました。
しかし、デイトレーダーがすっかり気に入ってしまった尊具は、いくら損をしてもFXを辞めようとはしませんでした。
何度強制ロスカットされても、両親に今度こそは頑張るからと追加資金を入金させ、再挑戦をしては、ことごとく資金を溶かす始末でした。

ちょうど5回目の強制ロスカットを食らった後、父親が頭にきて力ずくでPCを取り上げようとしました。
しかし尊具は泣いて大暴れしたので、仕方なく父親はバーチャルで黒字が出せるようになったら資金を出してやると約束しました。

尊具は一生懸命FXの勉強をしました。
しかし、バーチャルでも資金を全て溶かしてしまう有り様で、投資の才能が無いことだけが証明されるのでした。
そして、その頃から尊具の奇行も目立つようになってきました。
『エリオット~3波じゃ~3波じゃ~』と指を3本見せて走り回る姿や、
『チャートを見れば地震もわかる!』と大声で吹聴して歩き回る姿、
また『エリオットー、フィボナッチー』と猫と会話してる姿が、街のあちこちで目撃されるようになりました。

そんな内藤尊具がある日の夕方、部屋でオ〇ニーをしていると、突然、『ピンポーン』と来客がありました。
また新聞の勧誘かと思ってドアホンを見てみたら、そこにはなんと可憐な美少女が立っていました。
フリルが可愛らしいフェミニンなトップスにピンクのミモレ丈プリーツスカート。
その可憐な美少女は笑いながら『すいませーん、内藤さんですかぁ、私ぃ、今度お隣に引っ越してきた津気 凛といいます~、よろしくぅ~』とカメラに向かって挨拶をするのでした。
ど・ど・ど真ん中のストライクだ~。

生まれて初めてキャバ嬢以外の綺麗な女性に声をかけられた内藤尊具は天にも登る気分でドアを開け『なっな内藤尊具っす、デイトレーダーやってます、フィフィフィボナッチって
エリオット~』とぎこちない挨拶をしてしまいました。
津気 凛という美少女はクスクスと笑って『内藤さんって面白いんですね(笑)』と言って挨拶のタオルを手渡すと『今後ともよろしくお願いしま~す』と言って去っていきました。
内藤尊具はポカーンと口を開けたまましばらく動けませんでした。《続く》

補足※この物語はフィクションです、内藤尊具=nightsongbody ではありませんよ(笑)

閲覧数:
210
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fqs********さん

編集あり2017/8/2002:01:54

あの~、なんか、
出だしが、どっかで
聞いたような
昔話のような、
感じなんですけど・・

あるところに
おじいさんと、
おばあさんがすんでいました。
ある時おじいさんは
山へくびつりに・・・
!Σ(×_×;)!
おばあさんは川へ
身投げにいきました。
!!(゜ロ゜ノ)ノ
なんか、こんな感じ。

  • fqs********さん

    2017/8/2102:47:00

    真面目に感想書くと、
    小説としては、
    まるでなってない感じですね。
    もう少し文体を
    考えないと、文章が
    次に繋がっていかないですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/8/25 08:15:30

どうも、ありがとうございました。

もっと文章を勉強します。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oka********さん

2017/8/2018:40:39

なるほど、こんな始まり方なのか。。。。。

知ってたら第二話も読まなかった。

底辺には関わるな運気が下がるぞ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

m23********さん

2017/8/2002:56:43

なんか最近、ここで詩とか作品発表する人多いですね。

続編は、「お色気入り」でお願いします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fx_********さん

2017/8/1821:52:01

お前さ〜、文才まったくないよw

得意げに質問して恥ずかしくないのかね?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

大場一恵さん

2017/8/1821:35:50

ハッキリ言って

ハッキリ言って

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる