ここから本文です

林家正蔵(彦六)は声も震えていて 何だか、あの落語はさっぱり分からないし い...

アバター

ID非公開さん

2017/8/2101:46:49

林家正蔵(彦六)は声も震えていて
何だか、あの落語はさっぱり分からないし
いいとも感じなかったのですけど
当時はあれが名人芸だったのでしょうか?

木久扇の物まねはそっくりで面白いですけどね。

閲覧数:
708
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wag********さん

2017/8/2109:41:57

林家正蔵の中村仲蔵って話を聞きましたけど、まったく面白く無かったです。一方で立川志の輔の中村仲蔵はグイグイ話に引き込まれました。これで名人って笑っちゃいますね。

アバター

質問した人からのコメント

2017/8/27 11:43:57

確かにそうですね!

「林家正蔵」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moz********さん

2017/8/2609:15:17

芸だとかいろいろ言っても結局は嗜好が偏るものだと思います。
私からすると、彦六の正蔵の良さがわからない方は気の毒だ、と思うだけです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yan********さん

2017/8/2200:08:10

人間誰しも齢を重ねれば口調もゆっくりになったり声も震えてきますね。

名人上手と言われはじめた頃は当然違います。

晩年の口調の物真似、面白くするためにとくにその辺りを誇張してますね。

yuu********さん

2017/8/2118:21:09

これ、回答できるかな?


分からないなら分からないでいいです。
別に恥ずかしいことでもないのです。
その結果として彦六師の誹謗中傷をしてまで自己防衛することの方がよっぽど恥ずかしいことです。

oob********さん

2017/8/2117:32:42

林家正蔵(彦六)師匠のそれが味だと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sei********さん

2017/8/2107:02:25

またID非公開で誹謗中傷ですか…
ほんとにこのカテゴリ、どうしちゃったのかな。

「彦六の正蔵」は、立て板に水のような滑舌ではありませんが(若い頃は当然、滑舌がよかったのですよ)、独特の表現力で多くの聴衆を惹き付けました。
特に得意とする怪談噺は、他の追従を許さない高座でした。

世の中の多くの人が評価し、いまでも評価する人が多い。
これが、名人です。
何十年も色褪せない名人芸というものです。

もちろんあなたのように「さっぱりわからん」という人もいるでしょう。
人の評価に100%はありません。
100%になるのは、恐怖政治か宗教だけです。
わからん人がいても不思議ではないし、いて当然なのです。

その「わからん原因」が、たまたまあなたの感性とマッチしなかったからなのか、あなたの感性が乏しいからなのか。
それは、誰にもわからないことです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる