ここから本文です

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』 に出てくるアルビオン王国の空中艦隊と海洋...

skp********さん

2017/8/2818:00:05

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』 に出てくるアルビオン王国の空中艦隊と海洋国家のアキレス腱である「通商路の確保」について質問です。

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』 に出てくるアルビオン王国は、新時代の動力源である「ケイバーライト」を開発に成功し、さらに「ケイバーライト」を独占させ、その動力源を利用した空軍戦力、通称「空中艦隊」を作り出した。
その後、アルビオン王国は、空中艦隊によってローマ帝国の再来と謳われる覇権国家を樹立するのですが、ここで質問です。
TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』 に出てくるアルビオン王国は、「ケイバーライト」を利用した「空中艦隊」で世界の勢力図を塗り替えた。
では英国のような島国、つまり海洋国家が海洋戦力を増強するよりも、空軍戦力、つまり「空中艦隊」の創設だけに邁進し、それらを国家の戦力として利用するなら、海洋国家の宿命というべきものはありますよね。
それは「通商路」、つまり輸送船団の護衛や輸送ルートの安全確保という点から観れば、「空中艦隊」は海洋国家が必要な資源やエネルギー、食料を大量に輸送し、賄えることはできるのでしょうか?

アルビオン王国,空中艦隊,通商路,海洋国家,プリンセス,輸送船団,空中戦艦

閲覧数:
158
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dom********さん

編集あり2017/8/3107:32:49

制空権を押さえれば海上交易ルートも制圧することになるのでは?
作品世界の空中戦艦はケイバーライトによって浮遊しているので海上に長時間待機する事も容易いでしょう。
その庇護の元で通常の輸送船団が資源やエネルギーを本国に輸送する事も簡単だと思います。
「空中戦艦を開発した」=「通常の輸送船団は持たない」とはならないでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

cho********さん

2017/8/3100:17:28

時代設定が19世紀初頭でライト兄弟より一世紀早いので、他に飛行手段はないわけですよね。熱気球とかはあるかもしれませんが。
そうすると地上から大砲で撃ち落とされない限りは無敵なわけですね。

ケイバーライト自体SF設定なので、その能力は設定次第です。
もちろん戦闘能力や輸送能力も。

実際に「覇権国家」と設定されているのですから、それに必要な資源は十分に手に入っていると考えるしかありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる