ここから本文です

自分の嫌な性格と決別するにはどうすればよいですか?

アバター

ID非公開さん

2017/8/2601:04:45

自分の嫌な性格と決別するにはどうすればよいですか?

自分が嫌だと思う性格は人それぞれで違うでしょうが、私自身の場合はとりわけ、負けず嫌い、競争心が強い、ということが挙げられます。負けず嫌いや競争心が強いというと、いっけんポジティブな性質のように思えるかもしれません。難事にも果敢に挑んでいく覇気がある人間を想像するかもしれません。確かにそういう側面もあるでしょう。ただ、自信のなさや、つまらないプライドやコンプレックスの裏返しによることもあると思います。

原因はともかく、つまらぬ競争心のために身を亡ぼすことだってありえますよね。

自信のなさから来る負けず嫌いや不必要な競争心の場合は、根底にあるコンプレックスを解消し、自信をつけることが大切ではあるでしょう。そのためには社会的経験を積み、誰にも負けない得意分野を持て、などとはよく言われますが、どこか漠然とした間接的アプローチ感をぬぐえません。

自信をつけるという方向からのアプローチではなく、文字通り嫌な性格(先述の不必要な競争心など)を解消する直接的な方法、方策はないものでしょうか? また、日常の心の置き方(持ち方)などもアドバイス下されば有り難く思います。

閲覧数:
55
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rou********さん

2017/8/2615:25:53

自分の顕著な性格というものは、自分がこだわってしまわずにはいられないというようなそれなりの理由があって身に付いているものでしょうから、これを修正するのは困難が伴うと思います。

私の考えでは、やはり自分自身のこだわりがどこから来ているのか?なぜ負けたくないのか、競争心が湧くのか?という部分をよくよく検討し、自身のこころに向き合ってその理由を知ることにより解放されるという道が結局は早道ではなかろうかと思います。

考え方の例としまして、すべての面で誰にも負けない状態ということは不可能だと思われますから、自分が負けたくない事柄(仕事能力、運動能力など)いくつかに絞られそうです。何故それらにおいて他人に負けたくないのか?
また、日本国中で10位に入ればいいのか、100位に入ればいいのか?10万位ならいいのか?(自分の周囲の人間の中で上位に入ればいいのであれば、何故そんな程度の順位にこだわるのか?)

仮にすべての事柄で非常に能力が劣った人がいれば、その人がどんなに足搔いても上位には到底は入れないでしょう。何も自分の得意なこともなければ自尊心が維持できなそうです。
このひとはどのように生きる指標を見つけられるだろうか?と考えますと、「他者との比較」を放棄する方向だと思います。
人間は社会的な動物ですから他者の存在は非常に大きな意味を持ちますが、視点を少し変えれば「他者の中の自分」は「社会の中の自分」でもあり、「世界の中の自分」でもあります。この「世界の中の自分」の観点から世界に対する自己を強く意識しますと他者などはどうでもよいものになる気がします。

最初に書きましたように、様々なこだわりは自分自身のこころの在りよう(私はほんの些細な気分だと考えています)から来ていますので、他人の話を聞いて頭で納得できてもこころの在りようが変わらなければ結局は変われないでしょう。
自身が変わるためには、自らこころで気付きほんのちょっとした気持ちの持ちようの変化が必要だと思います。
そのために自身のこころに向き合う必要が生じます。数年~数十年をかけて出来上がった性格ですから気長に取り組むことをお勧めします。

アバター

質問した人からのコメント

2017/8/28 10:49:21

回答してくださった皆様、どうもありがとうございました。すべてのご意見に気付かされる点があり参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hyd********さん

2017/8/2611:39:57

そもそも勝負の勝ち負けって、どうやって判断するんでしょうか(_ _)

相手より全て優れてる、逆に全て相手より劣ってるって事もないでしょ。

一個人と比較する場合、俺は◯さんに〜は負けるけど、〜は勝てるとか...そんな感じで良いんじゃないですか。

lpm********さん

2017/8/2605:42:32

自分が思わなきゃいいだけです。つまり、自分が考えなければ誰も考えないと思えればいいだけです。嫌だと思うなら自分の性格に固執しなければいいだけです。ただ分かりづらいのは、周りに嫌な性格がいた場合も同様に対処するというです。まとめると、自分も他人もそういう性格なんだと思うことで安心できます。ちょっとでも納得できないと、つまるところ穏やかな状態ではいられないでしょう。
悪い性格→変わらない。良い性格→変わらない。葛藤は変えれないことを変えようとするから生まれる。

suz********さん

編集あり2017/8/2602:37:25

社会に出れば色んな人がいます。社会の底辺を支えている人に頭を下げたり、底辺だったり。そういう人に心を合わせた経験がないからでは。

上しか見ていないと苦しくなります。上に上に行こうとすると蹴落とすしか選択肢はないのです。

下は見てますか?

そして謙虚になるように、驕り高ぶらないように、、自分のために祈ることも必要なのでは。

spe********さん

2017/8/2602:06:57

負けず嫌い、というのは
「こんな奴にこんな事で絶対負けたくない!俺が負けるわけが無い!」
みたいに感情を熱くしてしまうようなのを想像しました

なら、難しいとは思いますが、なるべく落ち着いて、ちょっと無気力な感じで考えてみましょう
「あー、他人と競うとかめんどくせーよ……負けてもいいや」
くらいの感じで

似たような方法で、自己を確立し、自己完結する、という方法もあります
自身のなさや、つまらないプライドがある、との事ですが、
逆にそれを受け入れます
極端な言い方をすれば、上から目線で生活きます
(絶対に自分の意見のほうが正しいけど、こいつにそれを言っても変わらないから好きにすれば?)
(他人がどう思おうと、俺は俺で生きてるから関係ない)

あとは、かなり消極的というか、最後の手段(?)的な方法はあります
嫌な性格を治すのではなく、受け入れましょう。
これも自分だ、と。

文字通りの決別です
問題から逃げます

努力して問題を克服するのは素晴らしい事ですが、それは辛く苦しく、誰もが出来ることではありません
そんなのでずっと苦しみ続けるくらいなら、苦しみから逃げるのも道の1つです
何か負けず嫌いな性格のせいで良からぬ事が起こってしまっても、あまり深く考えず「まあしょうがないな」くらいの軽い考えで生きてみてはどうでしょうか

ただし上三つの方法は、やり方によっては自分は守れますが対人関係を悪化させる可能性があります

何事もわびさびが大事です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる