ここから本文です

既に昭和17年にはドイツでジェット戦闘機が完成していたというのは本当ですか? ...

f35********さん

2017/8/2609:25:07

既に昭和17年にはドイツでジェット戦闘機が完成していたというのは本当ですか?
ドイツ軍の科学は凄かったんですね!
世界制覇できなかったのが不思議です。

補足早速たくさんのご回答をいただきありがとうございます。
なるほど、つまりまだ当時は技術が完成していたものの、実践配備できる性能ではなく、予算もなかったというわけですね。

結局、技術はあってもお金持ちの国じゃないと、量産はできないってことですね。

閲覧数:
144
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zez********さん

2017/8/2610:33:17

He280のことですね。事実です。

……事実ですが、この機体は軍に採用されませんでした。昭和17年の時点でこの機体に搭載できたエンジンは「1時間」が保証できる寿命で、それを越えたら壊れて当然というシロモノ。これを「完成した」と言っていいものかどうか……。軍もそんなもん買いたくないですよ。

そんなわけで、30時間くらいは(たぶん)保つことで最低限の実用性を確保できた新型エンジンの登場がジェットエンジン機の実戦投入を導くことになります。この時点でより優れた設計の機体であるMe262が軍に採用されることになりました。まぁ、もっとも、実用性は「最低限」です。実戦で使うにはやはりエンジン寿命は短すぎ、出撃中に2つ積んだエンジンの片方が壊れるとかは日常茶飯事。加速が悪いため離着陸時や空中で速度を落とすと一方的に撃ち落とされる。燃費が悪いため速度を稼ぐための距離をとることが難しい。まぁ、ろくでもないシロモノでした。そりゃまぁカタログスペック通りの能力を発揮することが出来れば、連合軍のあらゆる護衛戦闘機を無視して一方的に爆撃機編隊を攻撃できる「怪物」でしたが、その能力発揮自体が性能の制約で困難という困った存在がこの頃のジェット機だったんです。この程度の科学では世界制覇なんて出来るわけがありません。

ジェット戦闘機がレシプロ機を完全に駆逐するのは、もうちょっと後の時代のことになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uva********さん

2017/8/2618:51:57

他には、ロケット戦闘機、V2長距離ミサイル、が開発されています。ですが数が少なく戦局は逆転出来ませんでした。

st1********さん

2017/8/2617:56:18

他の方も答えてはいますが、ジェットエンジンを搭載した
試作機等は、早期に~ナチス・ドイツでの第3帝国では
完成をしていました。

でも!あくまでも、試作機であり、量産配備になる、とは
限りませんし・・・燃費が悪い 故障の多さのエンジン
燃費が悪い機体を生産配備し、操縦士の新規養成または
機種転換課程での訓練時でも、燃料代での経費の増加
ジェットエンジンの価格とか、専用部品も高額化
経費の総額の増加 費用対効果・・・

メッサーシュミットでの後継機、同じ・プロペラ方式での
機体の戦闘機を開発した方が、賢明!での意見が多く・・・

ヒトラー総統は、ジェット機 騒音が五月蠅い!での
個人的な理由等も追加で、早期にジェット機の大量生産と
エンジン等の改修&信頼性の増加、故障数の低下対策を
せよ!での総統命令を出さず、

やっとで、総統命令を出した頃には・・・戦局は悪化!

しかも、他の方も答えてはいますが、ヒトラー総統は

空軍長官のゲーリングに対しても、戦闘機を増やしても
費用対効果!

爆撃機を増やし、敵の飛行場を爆撃して使用不能にして
しまえば、敵の航空戦力での大低下になる!

でも、戦闘機は、爆撃機ではないので、それが無理!

しかも、高速度でのジェット戦闘機は実戦で有利!と
したが、実際での戦火は、イマイチ!どういう訳だ?

操縦士の機種転換課程での期間が、短いので
操縦士が、まだ機体に不慣れ等の事実が理由?

では、一体・何時になったら、ジェット戦闘機に
熟練での操縦士が増えるのかね?とかね。

fig********さん

2017/8/2614:27:41

ドイツがジェット機の初飛行を行ったのは第二次世界大戦勃発直前の1939年(昭和14年)8月のハインケル社のHe-178

それに次いだのはイタリアのカプロニ・カンピニN.1
初飛行は1940年(昭和15年)8月です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tlk********さん

2017/8/2612:07:38

ジェット機を初めて完成させたのがユンカースだったからです。
ユンカースはナチスからは嫌がられていました。(ユダヤ人顔をしているとかナチスの幹部に献金しないとかの理由でした。)
メッサーシュミットがナチス幹部に多大な献金をして空軍に食い込んでいたのです。(Me109が大した性能でもないのにドイツ空軍の主力戦闘機の座を長年占めていたのはメッサーシュミットの政治力だと言われています。)

zer********さん

2017/8/2611:57:15

米英も数年遅れで開発できているのでさほどのアドバンテージでもなく、もっと言えば初めてジェット機を完成させたのはイギリスだったりする。
ドイツはいくつかの技術では世界最先端ではあったけど、科学技術全般や工業品質全般で言えば他の列強と比較して圧倒していたわけでもない

なお、高速だが燃費と加速力に劣る初期のジェット戦闘機を爆撃機に使うという発想自体はけして愚策ではない。戦闘機として使ってもできるのは敵の攻撃部隊の一部を減らせるのみ。残りの敵は多くの場合そのまま爆撃任務を継続してしまう。しかし敵基地を先制攻撃して飛び立つ前の敵機を撃破できればそもそも攻撃の被害は敵にしか出ず、ジェット爆撃機においついたり迎撃できたりする機体はごくわずかのため生残性も高い。戦闘機に使うのがベターなどというのは戦闘機がきわめて防御的な兵器であるということを認識していない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる