ここから本文です

ハッシュドビーフとハヤシライス 「ハヤシライス」と「ハッシュドビーフ」は何...

mat********さん

2017/8/2810:07:53

ハッシュドビーフとハヤシライス

「ハヤシライス」と「ハッシュドビーフ」は何が違うのか、ということ。

友だちは、スーパーに買い出しに行くときに、「ハヤシライス」のルーと同じ棚に「ハッシュドビーフ」のルーも売られているため、基本的には同じモノだと主張。コ○助は「ハヤシライス」はトマトや赤ワインを使って煮込むもので、「ハッシュドビーフ」は仕上げにサワークリームや生クリームを加える、よりクリーミーなモノと主張。どちらも主張を譲らず、結局答えが出ずにその話は終わってしまった。

でも、なんだか気持ちが悪いのでいろいろと調べてみたなりよ。すると、まずコ○助が主張していたサワークリームや生クリームを加えるモノは「ビーフストロガノフ」であり、「ハッシュドビーフ」では無いことにハタと気が付いてしまったなり。そうなりよ、それは「ビーフストロガノフ」なりよ(笑)。自分でも作ったことがあるのに、完全にど忘れ&混同してしまっていたなり。では、「ハヤシライス」はどのようなモノか明快に回答することができるなりが、「ハッシュドビーフ」とはなんぞや??

結論から言ってしまうと、両者は基本的には同じモノ。友だちが言っていたことが正しかったわけなりが、同じモノなのに名前が違うのはなぜなのか、という新たな疑問が浮上してくるなりよね。調べてみると、その違いは「ハヤシライス」の語源にヒントがあるようなり。現在、「ハヤシライス」の語源については諸説あるようなりが、代表的な説を列挙してみる。

・丸屋商社(現在の書店『丸善』)の創業者・早矢仕有的(はやしゆうてき)が考案した料理だから「早矢仕ライス」→「ハヤシライス」。
・有名レストラン「上野精養軒」のコックだった林さんが考案した料理だから「林ライス」→「ハヤシライス」。
・「ハッシュドビーフ(=牛肉をこま切れにするの意)」を載せたご飯「ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice)」が縮まって「ハヤシライス」。

商社を経営していた早矢仕有的は早くから洋食に触れる機会が多かったため、ある時出会った「ハッシュドビーフ」と、ライスをドッキングさせるという「発明」によって「ハヤシライス」を誕生させた、というのが有力な説のようなりよ。この説と3つ目の説は近いものがあるなりが、いずれも「ハッシュドビーフ」をライスに載せたものが「ハヤシライス」と考えて間違いなさそう。

ちなみに、コ○助が混同してしまった「ビーフストロガノフ」は代表的なロシア料理で、やはり途中までの工程や主な食材は「ハッシュドビーフ」とほぼ同一。仕上げにサワークリームや生クリームを入れるかどうかで、違う料理になるようなり。また、「ビーフストロガノフ」はトマトを入れず、白ワインを使うことも多い

わかりましたか?

閲覧数:
1,040
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2017/8/2810:13:18

わかりました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる