ここから本文です

赤座・小川・朽木の3将は関ヶ原の戦いで西軍から裏切って東軍につきましたが、認...

hfg********さん

2017/8/3112:10:57

赤座・小川・朽木の3将は関ヶ原の戦いで西軍から裏切って東軍につきましたが、認められなかったということははじめは裏切る気がなかったということでしょうか?小早川・脇坂が裏切ったのはびっ

くりしたのでしょうか?

閲覧数:
141
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

goi********さん

2017/8/3114:10:29

最近発見された関ヶ原の古地図ですが、陸軍省が明治時代に作った布陣図とは全く違った布陣なんです

大谷がいたとされる場所にいたのは脇坂で、小早川と脇坂に挟まれる場所で且つ松尾山の下山口に赤座と小川はいたんです

松尾山から下山口までは2時間ほどかかるそうです
小早川が開戦2時間後に戦い始めるには、開戦と同時に下山を開始しないと辿り着きません

古地図の布陣が正しく、論功で小早川・脇坂が加増になった事実を鑑みるに、開戦と同時に小早川は下山を開始し、2時間後に脇坂と共同して小川と赤座を包囲した
小川と赤座は無抵抗で小早川の軍門に下り、小早川と脇坂が大谷の背後を突いた
朽木は動かなかったが正しいのかと思われます

最近発見された関ヶ原の古地図ですが、陸軍省が明治時代に作った布陣図とは全く違った布陣なんです...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる