ここから本文です

宇野常寛が『スッキリ!!』クビ切り降板の真相を激白! 右翼の街宣抗議で日テレが「...

tie********さん

2017/9/307:40:00

宇野常寛が『スッキリ!!』クビ切り降板の真相を激白! 右翼の街宣抗議で日テレが「右翼批判するな」と言論封殺=右翼を批判することは適切な意見だと思いますが?日テレが極右国家主義思想の読

売系だからでしょうか?皆さんはこのことをどう思われますか?
http://lite-ra.com/2017/09/post-3427.html
2017.09.02
8月31日夜、評論家の宇野常寛氏が自身のネット番組『木曜解放区』で、2015年4月から木曜コメンテーターを務めていた『スッキリ!!』(日本テレビ)を9月いっぱいで降板することになったと報告し、話題を呼んでいる。というのも、降板の背景に、右翼からの抗議があったと明かしたからだ。

「具体的な発端は、ぼくのアパホテル批判です。アパホテルの南京大虐殺否定論を歴史修正主義としてぼくが批判した1月19日の放送がきっかけです。その結果、日本テレビに2回ほど右翼団体の街宣車が来て、大問題になりました。その結果、日本テレビの小林景一プロデューサーは、ぼくに対して『右翼批判はおこなわないように』という要求をおこないました」

今年1月、ホテルチェーンのアパホテルが、元谷芙美子社長の夫・元谷外志雄氏が書いた南京事件を否定する本を客室に設置していることが中国ほか海外で批判の声があがり、国際問題に発展したことは記憶に新しい。そして、この問題を『スッキリ!!』で取り上げた際、コメントを求められた宇野氏は、「この人の歴史観ってのは、もう話になんないと思いますよ」と切り出し、こう述べた。

「歴史修正主義だし、陰謀史観だし。何やってんだともう呆れるしかないと」
「たとえば中韓の、ある種の反日ナショナリズムみたいなものは現実に存在すると。ああいったものに対してどうしたもんかなと思っている日本人がとるべきは、こういった歴史修正主義で対抗するんではなくて、こういったトンデモ歴史観を、妄想を垂れ流して対抗するんではなくて。やはり地道な外交努力だったりとか文化交流だったりとか、そういったことによって信頼関係を築き上げていくことだけが唯一の解決法なんで」

「南京事件がなかった」というのは保守系の学者でさえ「ありえない」とするトンデモ論であり、宇野氏の「歴史修正主義であり陰謀史観だ」という指摘は極めて真っ当なものだ。しかし問題は、右翼からの抗議に対して『スッキリ!!』の小林プロデューサーが取った行動は、とんでもないことに宇野氏に「右翼批判するな」と黙らせようとしたこと。歴史修正主義への批判を「右翼批判」と受け取る考え方もどうかしているが、無論、宇野氏は「拒否」したという。

「テレビ局が街宣車にビビってコメンテーターの発言を規制するなんてことは、絶対に報道機関としてあってはならない。ぼくはそう考えて拒否しました」(『木曜解放区』での宇野氏の発言)

だが、小林プロデューサーは宇野氏の拒否に「激怒」。宇野氏によれば、なんと「最終的には本番中にぼくのことを怒鳴りつけると。カメラは回っていませんでしたけど、そういう事態にまで発展しました」という。この際、宇野氏は謝罪と発言の規制をしないという2つの要求をおこない、それが守られなければ番組を降板すると通告。当初、小林プロデューサーは「自分は悪くない、宇野が悪い」という姿勢だったというが、その後は一転して宇野氏に謝罪したらしい。

なぜ、小林プロデューサーは態度を一転させたのか。宇野氏の「推理」はこうだ。

「ここでぼくを強引に降板させると、露骨に右翼団体の抗議をきっかけに日本テレビがコメンテーターをクビにしたということが明確なかたちになって表れてしまうので、まあぶっちゃけ、ぼくがどこで何を言うかわからないので、インターバルを置こうという、そういった動きがあったのかもしれません」

番組側は宇野氏を切る理由を「リニューアルのため」と説明しているというが、こうした経緯があり、いまごろになってクビを宣告したのではないかというのだ。
転載(抜粋)

閲覧数:
1,713
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

編集あり2017/9/321:55:39

6年前にフジテレビへの抗議デモがありましたよね、あれがトラウマになってるんじゃないですか
自分達の番組が同様の抗議集会の引き金になると想像すると、どれほどの恐怖でしょうか
おそらく相当な恐怖ではないでしょうか

そういう意味では、あの抗議デモというのはテレビ局に対する言論弾圧として、未だにある程度の効果を維持していると言えるのでしょう

しかしながら、批判はあって然るべきですが、言論弾圧や言論封殺というのは、適切だとは思いません
弾圧や封殺というものは、抑圧や支配と同義であり、全体主義に繋がります
そこには批判の存在する余地はなく、批判とは対極の性質を持つものであり、賛同できません

  • 質問者

    tie********さん

    2017/9/414:32:06

    ご回答戴き有難うございます。

    >弾圧や封殺というものは、抑圧や支配と同義であり、全体主義に繋がります
    そこには批判の存在する余地はなく、批判とは対極の性質を持つものであり、賛同できません

    <全く同感です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/9/9 10:02:27

ご回答戴き有難うございました。

「宇野常寛」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2017/9/909:34:01

暗い男、降板すっきりだね。

2017/9/523:54:10

個人的には、好きなコメンテーターです。仲良し的な「スッキリ」は見たくない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kef********さん

2017/9/412:39:50

というより何故今までクビにならなかったのかが不思議。あんなキチガイが。常に場の空気悪くすることしか言えないし、出演させるほうもバカ

xyz********さん

2017/9/314:42:53

まったく同じことを言っていた人間がいましたね。

番組中に「アイムノットアベ」というフリップを出して物議を醸しだした古賀茂明です。

こいつも、政治的な圧力で番組を降板させられたといっていて、番組関係者との会話を録音した言っていましたが、今にいたっても録音されたデータは公表されていません。(笑)

>降板の背景に、右翼からの抗議があったと明かしたからだ。

↑このことを客観的に証明するものはありません。


嘘か本当かわかりませんが左系の人間は、こういうウソをよくつくので信用できませんね。


>「南京事件がなかった」というのは保守系の学者でさえ
>「ありえない」とするトンデモ論であり、宇野氏の
>「歴史修正主義であり陰謀史観だ」という指摘は極めて真っ当なものだ。


ウソデタラメです。


立命館大学名誉教授の北村稔氏は「諸君!」平成14(2002)年6月号「南京事件」ーー虚構の確認」で「南京事件がなかった」と主張している。


「筆者は、2001年11月に文春新書『「南京事件」の探求―その実像をもとめて』(以下、『「南京事件」の探求』)を出版し、「文字資料」に基づいて、日中戦争中の1937年12月から翌年の3月にかけて発生したとされる「南京事件」の実態を、「歴史学の基本原則と常識に基づいて」探究した。

その結果、第2次大戦終了後の南京と東京における連合国側の裁判で断罪された「南京大虐殺」は、日本の戦争犯罪を裁く中核にしようという政治目的により立ち上げられた虚構であったことが明らかになった。」

さらに、南京事件はなかったとする映画「南京の真実」の製作に賛同するリストには、近現代史の重鎮である東京大学名誉教授の伊藤隆氏がある。

https://www.nankinnoshinjitsu.com/sandou.html


息を吐くように嘘をつく「パヨク」の戯言を鵜呑みにしていけません。

釜蔵博夫さん

2017/9/307:46:30

あの番組は前に勝谷とか上念とか使って切ってますよね…。

適当に極論言う人を使い捨てにしているだけなんじゃないの?
しょぼい極論を言う人を登用し、盛り上げに使い、批判が来れば切り替える。
ああいう批判を集めるやつを置いておくとレギュラーメンバーは安泰ですからね。

最初からエスケープゴートだっただけではないかと。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる